1
 
2016年2月にApple Store札幌が閉店してから1年が経過しました。移転先と噂されていたビルは2017年3月にオープンしましたが、Apple Storeは入居していません。このまま閉店、北海道撤退となるのか、ほかの移転先候補地を探しているのでしょうか。

2016年2月、10年間の営業を終了したApple Store札幌

Apple Store札幌は、2016年2月、10年間の営業を終了しました。閉店の理由について具体的に明らかにはしていないものの、Apple製品専門誌では、入居していたビルの運営方針が変更されたことが背景にあったと報じられていました。
 
2016年9月、17年春オープン予定のビルに入居する可能性が浮上し、Apple公式サイトで公開された採用情報にも札幌勤務の求人があったことから、このビルへの入居が確実視されていました。
 
閉店から1年となった2017年2月、地元紙が「移転先を模索している」ことを報じましたが、本稿執筆現在の3月31日も、移転先は具体的に決まっていません。
 
Apple公式サイトのストア一覧でも、3月31日現在、札幌の情報は掲載されていません。
 

 

移転先と噂のビルに「Apple Store」は入らず

Apple Store札幌の移転先と噂されていたビル「札幌フコク生命越山ビル」は、予定通り2017年3月にオープン。Apple Storeが入ると予想されていた地上1・2階は、地下1階〜地上2階まで飲食店などが入るフロア「sitatte sapporo」となりました。
 

画像出典:sitatte sapporo

 
テナント情報サイトを見ても同ビルの空き情報が確認できませんでしたので、Apple Store札幌がこのビルに入居する可能性は極めて低いとみられます。

Apple Store札幌跡地にはあす「ソニーストア札幌」オープン

Apple Store札幌の跡地はというと、あす4月1日に「ソニーストア 札幌」がオープンします。オープン予定についてはソニーが2016年10月、公式サイトで明らかにしていました。
 

発端の求人募集、北海道では現在採用情報なし

Apple Store札幌復活か、と盛り上がる発端となったのが、Appleが公開している採用情報です。
 
2017年1月、「ジーニアス」や「ストアリーダー」など15の職種を対象に、勤務エリアを札幌、勤務場所をApple Storeとした求人募集が出されていたことが報じられたのですが、3月31日現在、採用情報ページには北海道の項目はありません。
 

 
つまり、また勤務エリア札幌の情報が掲載されれば、Apple Store札幌が再オープンする可能性があります。

再開発が進む札幌――Apple Store札幌、復活なるか

北海道・札幌では、2030年度予定の北海道新幹線札幌延伸に向けた再開発が計画されており、今回噂のあった「札幌フコク生命越山ビル」の向かいにある「大同生命ビル」も、2019年秋をめどにビルを建て替える予定となっています(2015年の記事のため、現在はページが削除されています)。
 


 
Apple Store札幌の移転先決定にはまだ時間がかかるのかもしれませんが、このまま札幌から撤退とはせず、札幌のどこかで復活してほしいものです。
 
iPhone Maniaでは新しい情報が入り次第、お伝えしていきたいと思います。
 
 
Source:sitatte sapporo, ソニー, Apple 採用情報
(asm)