動画:Androidスマホ対応の360カメラ「Insta360 Air」インプレ。フィルター効果リアルタイム表示の手軽な1台

写真拡大

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。Insta360 Airは、Android端末のUSB端子に接続して使用する360度カメラです。接続端子はMicro USBとUSB-Cの2種類があります。本体に記録メモリ、電源、シャッターボタンなどなく、Insta360 Air単体での使用はできません。

Android端末に接続すると専用アプリが起動します。撮影モードは静止画、動画、ライブストリーミングの3種類。静止画解像度は3K品質(3008 x 1504ピクセル)、動画も最高解像度で3K(3008 x 1504ピクセル)で撮影でききます。ただし、解像度は使用するAndroid端末のスペックによって変わるとのこと。今回使用したASUS ZenFone 3 Laserでは1280P(2560 x 1280ピクセル)まで撮影できました。

360画像はカメラ内で画像を繋ぎ合わせてくれるハードウェアスティッチングに対応。撮影したその場で静止画も動画もぐるぐる回して閲覧できます。フィルターや美肌効果は、閲覧時だけでなく撮影時にもリアルタイム表示が可能です。

ソーシャル連携機能としては、Facebook、Instagram、Twitterなど各種SNSへの投稿機能を実装しています。


なお。一点だけ気をつけなければいけないのが、USB端子がMicro USBとUSB-Cの2種類あることです。今回使用したのはMicro USBのものですが、Android端末をUSB-Cのものに機種変更してしまうと、Insta360 Airを買い換えるか変換コネクタが必要となります。

このほか、ライブストリーミング機能については、追って「ぐるぐるVR学園」で解説します。