「ソロウェディング」の実態と女性の本音

写真拡大

パートナーがいなくてもできる結婚式「ソロウェディング」。あなたは聞いたことがあるでしょうか? 晩婚化の今、「美しい姿を残しておきたい!」と、ソロウェディングを選択する女性たちも増えています。今回は「ソロウェディング」の実態と女性たちの本音について、アンケートを元に紹介します。

<目次>
■ソロウェディングとは?
●利用者数の傾向
●どんな人が利用してるの?
■ソロウェディングに興味がある女性の割合は?
■ソロウェディングに対する周囲の反応6つ
■ソロウェディング 申し込み〜当日までの流れ
■まとめ

■ソロウェディングとは?

晩婚化や結婚に対する意識の変化と共に生み出されたサービス「ソロウェディング」。パートナーがいなくても出来る結婚式として、独身女性を始め既婚女性、バツイチ女性に支持を得ています。「結婚はしていないけどウェディングドレスを着たい」「若いうちにキレイな姿を写真に納めたい」などの需要に応え、ドレスのレンタルからメイク、プロのカメラマンによる撮影をしてもらえます。

●利用者数の傾向

気になる利用者数の動向について、ソロウェディングサービスを提供するモリノブライズの森野さんに聞いてみました。すると、2016年の上半期(3月〜8月)と下半期(2016年9月〜2017年2月)を比較して、利用件数は333%も増加したと言います。特に夏ごろから急激に件数が伸び始めたそうです。

●どんな人が利用してるの?

実際にどんな人が利用しているのか伺ったところ、「30代半ば〜40代前半の独身女性がほとんど」だとか。利用の理由は主に、「結婚の予定はないが、自分が一番綺麗な姿を納めておきたい」といった理由や、「友人同士、会社の同年代の仕事仲間で一緒に撮影したい」といった女子会的なノリが多いのだそう。価格が手ごろという点も大きなポイントのようです。

ソロウェディングを終えた感想で特に多いものも教えてもらいました。「予想以上に綺麗にしてくれた」「リラックスさせてくれ、綺麗な表情を撮ってくれた」、「今の自分の年齢でも綺麗にドレスが着れると背中を押してくれた」……。みなさん最初はウェディングドレスが綺麗に着れるか不安な気持ちがあるようですが、プロによる細かなサービスに満足する人が多いようです。

■ソロウェディングに興味がある女性の割合は?

利用者が増えているソロウェディングですが、実際に興味のある女性はどれくらい存在しているのでしょうか。ソロウェディングに対する、女性たちの赤裸々な本音を探ってみました。(※1)有効回答数421件

Q.あなたは「ソロウェディング」に興味がありますか?

約2割の女性が、ソロウェディングに興味が「ある」と回答しました。興味を抱く理由を見ていきましょう。

(1)ドレスは別物

・「結婚しなくてもウェディングドレスは着てみたいと思うから」(27歳/医療・福祉/営業職)

・「結婚式には魅力を感じないけどウェディングドレスは着てみたいから」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「一生ウェディングドレスを着る機会がないかもしれないので、ぜひ一度着てみたい!」(24歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

結婚式に欠かせないウェディングドレスですが、女性にとっては特別なパワーを持つドレスなのでしょう。「式」とは別で、「純白の美しいドレスが着られればそれで満足」という方も意外と多いのかもしれませんね。プロの手で仕立ててもらった美しい自分の姿に、思わずうっとりしてしまいそうです。

(2)記念に

・「若いうちに記念に写真を残しておきたい」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「記念に残りそうだから興味があります」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「自分が一番輝いているときにキレイなドレス姿の写真を残したいと思うから」(32歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

結婚自体は、何歳になっても可能です。しかし美しいドレスが似合う時期というのは、実は限られているのかも……? 年齢を重ねれば、徐々に老化現象が気になってしまうもの。今、この瞬間、自分の美に自信を持っていられる時期に特別な写真を残すことで、いい思い出になるのでしょう。

(3)純粋に楽しそう!

・「楽しそう。自分の殻をやぶることができそう」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

・「あまり知られてないけどおもしろそうだから」(24歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「写真を撮ることでテンションが上がるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

プロのメイク、プロの撮影のため、なんだかとっても楽しそう! と考える女性も多いようです。周囲の目線や、ソロウェディングをする意味なんて、深く考える必要はありません。おめかしをして写真を撮ってもらうのは、何歳になっても楽しいものです。特別な体験をすることで、女性としても一歩成長できるのかもしれませんね。

(4)家族のために

・「バツイチシングルマザーなのですが、母が私のウェディングドレスを見たかったと今でもよく言うので」(24歳/その他/その他)

・「一度はウェディングドレスを着て親に見せたい」(29歳/その他/事務系専門職)

ウェディングドレスを着て写真を撮影することは、実は一つの親孝行なのかもしれません。親世代の方々の中には「娘に晴れ舞台を経験させてやること」を生きがいのように感じている方もいらっしゃいます。たとえ結婚相手がその場にいなくても、娘の気持ちは伝わるはず。感謝の言葉も一緒に添えることで、温かな雰囲気のソロウェディングになりそうです。

■ソロウェディングに対する周囲の反応6つ

女性たちの本音に、共感できる方も多かったはず。しかしいざ実行に移すとなると……「周囲の目線」が気になる人もいるのではないでしょうか。独身男女を対象に「ソロウェディング」に対する意見を調査してみました。(※2)有効回答数194件

Q. 「ソロウエディング」についてどう思いますか?

50%には4%ほど届きませんでしたが、好意的なイメージを抱いてる人は46.39%もいることが分かりました。理由を見ていきましょう。

(1)美しい時期を記念に

・「記念で撮るのはいいと思うから」(女性/33歳/未婚/小売店/販売職・サービス系)

・「自分は興味ない。結婚するときにいい歳になっている可能性があるならキレイなうちにキレイな姿を残したいと思うのは自然なことだしいいと思う」(女性/32歳/未婚/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「結婚しなくても一度は着たいしキレイな姿を残しておきたい」(女性/30歳/未婚/医療・福祉/専門職)

特に30代女性で目立ったのが、「美しい時期の記念品」として、好意的に受け止める意見です。ソロウェディングは、「今この時期にしか、決断できないこと」なのかもしれません。美しい姿を残しておきたいのは、みんな同じ。同じ女性として思わず応援したくなる気持ちも、わかりますよね。

(2)イマドキのニーズに合わせて

・「一生に一度はウェディングドレスを着たいけど、結婚はしたくないという女性もいるから」(女性/28歳/未婚/運輸・倉庫/クリエイティブ職)

・「ウェディングドレスは、結婚式のためだけに着るものという概念もなくなってきているから」(女性/25歳/未婚/その他/その他)

世の中には「結婚しない」という選択をする女性もいます。だけどその女性だってウェディングドレスを着たいかもしれません。ソロウェディングは、近年のニーズに合わせて生まれた、賢い選択なのかもしれません。また、結婚式は両親の意見を反映したため、着たいドレスが着れなかったなど、後悔がある人もいるでしょう。そういった人がソロウェディングでリベンジを果たす、というのもアリではないでしょうか。

(3)個人の自由

・「自分はしたいとは思わないが、したいと思う人はすればいい。コスプレの一種みたいな物だと思っている」(女性/30歳/未婚/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分がしたければ一人でしてもいいと思います」(女性/30歳/未婚/自動車関連/その他)

・「自分がやりたいと思うのなら、それはやったらいいと思うから」(女性/29歳/未婚/医療・福祉/事務系専門職)

もういい大人ですから、周囲に迷惑をかけなければ、何をするのも自由です。自分へのご褒美感覚で、ソロウェディングをする女性も多いのかもしれませんね。「自分ならやるかどうか」は別として、ソロウェディングをする人の気持ちを尊重する意見も目立ちました。

■ソロウェディング 申し込み〜当日までの流れ

ここまでソロウェディングに対する女性たちの本音を紹介してきました。「興味が沸いた!」やってみたいかも」という人もいるのではないでしょうか? そこで最後にソロウェディングの申し込みから当日の流れについて紹介します。

通常、結婚式の準備では、プランナーと何回も打ち合わせをし、細かいプランを決めていきますが、ソロウェディングの場合はどうなのでしょうか。申し込み〜当日までの流れについて、森野さんに教えてもらいました。

●申し込み〜当日までの流れ

(1)電話またはホームページの問い合わせフォームから来店の予約を取る。
(2)1回目の来店で衣裳や小物を選び試着をして衣裳決定。ヘアメイクなどイメージがあれば打ち合わせをして撮影日を決める。
(3)2回目の来店は撮影当日。ヘアメイク着付で1時間、撮影は45分間。200カット程度撮影します。撮影後はモニター画面で撮影した写真を選び、アルバムなどの商品を購入いただきます。
(4)約4週間後に自宅に商品が届きます。店頭渡しも可。

■まとめ

「ソロウェディング」の実態と女性たちの本音について紹介してきました。いかがでしたか? 「まだ結婚の予定はないけど綺麗なうちにウェディングドレスを着たい」「できちゃった婚のためドレスが着れなかったのでリベンジしたい」という人はぜひ、ソロウェディングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

取材協力:モリノブライズ株式会社(フォトスタジオメゾン)

(1)
マイナビウーマン調べ
調査日時2017年2月14日〜2017年2月16日
調査人数:421人(22歳〜34歳の女性)

(2)
マイナビウーマン調べ
調査日時2017年2月14日〜2017年2月16日
調査人数:194人(22歳〜34歳の男女)