写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三井住友海上火災保険は4月1日、全社員を対象に、「19時前退社ルール」を開始する。

やむを得ない理由がある場合を除き、19時までの退社を徹底。繁忙期や緊急の対応等の理由で19時以降に残業しなくてはならない場合には、ライン部長宛の事前申請が必要となる。

人事部が中心となって、勤務状況を従来以上に詳細に把握・管理し、残業が恒常化している職場に対しては、必要に応じて該当部署の状況に応じた個別対策を講じることで長時間労働を是正するという。また、働き方改革を推進する専任チームが各職場を訪問し、運営状況を確認するとともに、職場の意見・提言に基づき各種ルールや運営の改善を行う。

ルール定着に向けて、無線LANの全店配備、POPツールの配布、残業申請システム・勤務状況管理システムの整備、部支店マネジメント研修の拡充を実施する。