名古屋グランパスGK楢崎正剛

写真拡大

 名古屋グランパスは4月1日に行われるJ2リーグ第6節ロアッソ熊本戦において、チャリティー抽選会を開催する。

 熊本地震からちょうど一年が経ち、名古屋グランパス選手会(会長:MF磯村亮太)では、被災地復興への活動を継続的に行っていきたいとの思いから今回のチャリティーイベントを企画。試合当日の「モーターフェスタ」開催にちなみ、選手制作の「ミニ四駆」を使用したチャリティー抽選会が行われる。

 名古屋の全選手(33名)が「ミニ四駆」(くまモン版)を制作。この「ミニ四駆」が当たる抽選券を1枚500円で販売し、売り上げの全額を日本赤十字社愛知県支部に寄付する。義援金は、被災された方々を支援するために役立てられる。

 抽選券の販売場所は豊田スタジアム東イベント広場内特設ブースで、当選発表はハーフタイムおよび試合終了後に大型ビジョンにて行われる。

 磯村会長はクラブを通じて、「名古屋グランパス選手会では昨年被災地を訪問し、サッカーを通じた子供たちとのふれあいを行いました。選手会としては、継続的な活動を行うことで、少しでも熊本の復興のお役に立てればという思いで今回のチャリティー抽選会を企画しました。皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします」とコメントしている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ