<最新の研究でマラソンに参加したランナーの82%に急性腎障害の症状が出ていることがわかった。マラソンは心臓への負担だけでなく、腎臓障害を通じて他の臓器にも悪影響を及ぼす可能性がある>

マラソンを走ることは昔から危険な行為だった。

歴史書によれば、最初のマラソンランナーと言われるギリシャの兵士ピリッピデスは、マラトンからアテネまで約40キロの道のりを走ってギリシャ軍の勝利を伝令した後、倒れ込んで亡くなった。

それならば、42.195キロを走る現代のマラソンが、ランナーの体に悪影響を及ぼすことは当然のことだろう。今週、腎臓病専門の医学誌に掲載されたイエール大学の研究で、マラソンランナーの腎臓が一時的に損傷を受ける可能性があることがわかった。

今回の研究では、2015年にコネチカット州ハートフォードで開催されたマラソン大会の参加者から、血液と尿を採取して分析した。するとランナーの82%が、軽度の急性腎障害にかかっていることが分かった。つまり腎臓が、血液から老廃物を正常に濾過できていないことを意味する。

【参考記事】おしっこプールは実在する 75リットルの尿を検出

全米腎臓財団によると、この腎臓障害によって脳や心臓、肺など他の臓器に悪影響を及ぼす可能性もある。「マラソンを走る肉体的なストレスによって、腎臓がダメージを受ける。ある意味、入院患者が治療後や手術後に合併症を発症するのに似ている症状だ」と、研究チームのリーダー、チラグ・パリク医師は述べている。

研究によると、腎臓の損傷はマラソン後2日以内には治る。しかしマラソンでどれだけの損傷を受けるか解明するには、さらに研究の継続が必要だと研究チームは主張している。

「これまでマラソンによって心臓機能に変化が生じることは研究で分かっていたが、我々の研究によって、腎臓もマラソンのストレスで影響を受けることが新たに判明した」と、パリクは述べている。

多くの人たちは、マラソンランナーがスポーツによる典型的な症状に苦しむことは予想している。健康情報サイト「ランナーズ・ワールド」によると、ランナーの最も典型的な「体の不調」には、膝の痛みやアキレス腱炎、すねの骨に痛みが出る過労性骨膜炎などがある。

ティム・マーチン