ホステスプロとして挑んだユン・チェヨンだったが、今季2度目の予選落ちを喫した(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<ヤマハレディースオープン葛城 2日目◇31日◇葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(6,568ヤード・パー72)>
昨年主催者推薦で出場し、最後まで優勝争いに加わるなど3位に入ったユン・チェヨン(韓国)。今季から日本ツアーメンバーとなり、更なる活躍が期待されたがトータル10オーバー89位タイで予選落ちを喫した。
昨年は優勝争いも…ユン・チェヨンはホステス大会で結果を出せず
「とにかく寒さが大変だった」と振り返ったユン。「良い成績を出そうと思ってプレッシャーを自分にかけてしまっていました。加えて今日はコースマネジメントができなかったですね」と肩を落とした。
今後は来週の「スタジオアリス」、再来週の「KKT杯バンテリンレディス」をスキップして「フジサンケイレディス」に出場予定。「この2週間でショートゲームとパターを修正したいですね」とクラブハウスを後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>