チョン・ジェヨン&キム・ジョンウン&ヤン・セジョン、新ドラマ 「デュエル」出演確定…6月に放送予定

写真拡大

俳優チョン・ジェヨンとキム・ジョンウン、そしてヤン・セジョンが「デュエル」出演を確定した。

6月に初放送される予定のOCNオリジナルドラマ「デュエル」(脚本:キム・ユンジュ、演出:イ・ジョンジェ) は「深みのある演技力と、否定できないカリスマ性を持っている俳優チョン・ジェヨンと、七色の魅力を持っている実力派女優キム・ジョンウン、新人らしくない吸引力の強い演技でオーディションの時から注目を浴びた新人ヤン・セジョンが出演を確定した」と明かした。

OCNオリジナルドラマ「デュエル」は、クローン人間に出会い、衝撃的な事件に巻き込まれた刑事と、生き残るために互いに対決するしかない2人のクローン人間の物語を描いた“クローン人間追撃スリラー”だ。

チョン・ジェヨンは劇中で大切なものを守るために、たった1度だけ間違った選択をしてしまったベテラン刑事チャン・ドゥクチョン役を務める。チャン・ドゥクチョンは表向きは無愛想だが情が深い、強行犯係のチーム長であり、家では娘に親バカな人物だ。クローン人間に会って思いがけない事件に巻き込まれ、ドラマを引っ張っていく。

キム・ジョンウンは検事チェ・ジョへ役を演じる。チェ・ジョへは成功欲を隠さない堂々とした検事で、次期部長検事を狙うなど出世に対する意欲でいっぱいな人物だ。自身の夢を叶えるために、刑事チャン・ドゥクチョンを利用し、彼を衝撃的な事件に巻き込ませた張本人で、その後チャン・ドゥクチョンとクローン人間の関係を疑って真実を暴く、核心的な人物だ。

またヤン・セジョンは、記憶を失った容疑者ソンジュンと彼に濡れ衣を着させたクローン人間ソンフンを同時に演じる。クローン人間と殺人鬼といったユニークな組み合わせで、韓国の追撃スリラー史で空前絶後な悪役キャラクターになるとみられる。

「デュエル」はウェルメイドドラマ「ナイン〜9回の時間旅行〜」のキム・ユンジュ脚本家と「また!?オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜」の演出スタッフを務めたイ・ジョンジェプロデューサーが、それぞれ脚本と演出を担当する。「デュエル」を企画したイ・スンフンプロデューサーは「ジャンル物の名家として生まれ変わっているOCNが、クローン人間を素材にした新感覚追撃スリラーを披露する。目が離せない事件展開はもちろん、夏夜の暑さをふっ飛ばす、スペシャルな特急スリラーが繰り広げられる予定だ」と伝えた。