稼ぐのはラクじゃない!在宅ワークの注意点とは?

写真拡大

様々な事情によって外に働きに出られない人が自宅で働く「在宅ワーク」。興味がある人も少なくないと思うが、始める前に注意点を知っておく必要があるだろう。「教えて!goo」に投稿されている「在宅で稼ぐ方法」への回答を参考にまとめてみた。

■気軽に始められる内職の現状

在宅ワークというと、シール貼りや雑貨の組み立て、ダイレクトメールの封入などといった作業を思い浮かべる人が多いだろう。誰でも出来るような簡単な仕事なので気軽に始められそうだが……。

「いわゆる“内職”というやつで、小さい子供を抱えて、外に働きに出られない主婦がやっていたりしますが、出来高制であり、はっきり言って非常に賃金は低いですよ。多分、ちょっとやったら嫌になりますよ」(ebigawasampoさん)

という意見が。調べてみたところ、シール貼りやダイレクトメール封入だと単価は1円にも満たない場合も少なくないようだ。仮に単価1円だとしても、500セット分の作業をこなしてようやく500円の稼ぎ。単価0.2円なんていうケースもあり、その場合はもっともっと低くなる。作業のスピードにもよるが、時給に換算しても大した額にはならないだろう。作業内容は簡単な内職だが「効率的に稼ぐことは不可能」ということを理解しておく必要がある。

■在宅ワークでしっかり稼ぐためには

あまり稼げない内職だけが在宅ワークの全てではない。ある程度まとまったお金を稼げる仕事もある。しかしそれにも注意が必要だ。

「在宅での仕事は専門知識が必要な仕事が大部分です。建築の設計図を作成するかと、ゲームのプログラムを組むとかです」(kanstar#1さん)

「例えばイラストを書いてネットで売るとか、作曲だとか小説書くとか高校生でも自宅でできる事はあると思います。ただそれには才能が必要です。貴方の作り出す物に価値を見出しお金を払ってくれる“お客様”が必要です」(risugumino#1さん)

在宅でまとまったお金を稼ぐためには、専門知識や専門技術、才能が必要だ。クラウドソーシングサイトを見てみたところ、例えばウェブツール開発だと1件100,000円以上、アニメーション作成だと1件50,000〜100,000円ほど、ホームページ作成だと300,000円以上といった案件が見つかった。しかし、どれも知識や技術が必要なうえに、高いレベルが求められるだろう。また、最近は手作り品を販売するサイトやLINEスタンプの作成などで何十万円も稼いでいる人がいるようだが、客がお金を払って買いたいと思える作品だからこそ稼げるのだ。在宅ワークでしっかり稼ぎたいのであれば、そのための専門知識を身につけたり、買い手がお金を払いたくなるぐらい上等な作品を作れるようになるべきだろう。

家にいながらにしてお金を稼げる在宅ワーク、つい簡単に考えがちだが現実はなかなか厳しい部分もある。在宅ワークを考えるならこの辺りをきちんと把握して、対策を立てることが必要なようだ。

渡辺結花(Watanabe Yuka)