エルサは悪役の予定だった!?
 - Walt Disney / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 “アナ雪”の略称で一大ブームを巻き起こしたディズニーアニメーション『アナと雪の女王』のストーリーが、当初は全く違うものだったことが明らかになった。プロデューサーのピーター・デル・ヴェッチョがEW.comのインタビューで語った。

 アンデルセンの童話「雪の女王」をベースに、アレンデール王国家の姉妹エルサとアナが繰り広げる真実の愛を描いた本作。触れた途端にそのものを凍結させてしまう秘密の力を持つ姉エルサが、真夏の王国を冬の世界に変えてしまったことから、その姉と王国を救うべく妹アナが雪山の奥深くへと旅に出る。

 「僕らが取りかかり始めたとき、アナとエルサは姉妹じゃなかったんだ。王家ですらなくて、だからアナはプリンセスじゃなかった」と根本的な設定から違っていたことを切り出すピーター。「エルサは自ら“雪の女王”を名乗っていて、純粋な悪役だった。アンデルセン童話でのようにね。だから最初は、女性の悪役と純真なヒロインという設定で、悪役のエルサが自らの軍隊として雪のモンスターたちをつくり出し、壮大なバトルが繰り広げられるというエンディングだったんだ」。

 また、初期のストーリーでは、エルサが心を閉ざすきっかけも異なっており、結婚式を相手にすっぽかされたことで、二度と恋に落ちることがないように自らの心を凍らせるというものだったそう。そして、“悪役”エルサがつくり上げた雪のモンスターたちに立ち向かうアナに、ハンス王子も協力。その中で、ハンス王子は、国民たちを危険に陥れることもお構いなしに、雪崩を引き起こす。その状況に直面したアナは、エルサだけが国家を救えると気が付き、説得するというエンディングで、「凍った心を持つ者がアレンデール王国家を破滅に導く」という予言での、凍った心を持つ者とはエルサではなく、他人を思いやることができないハンス王子だったというオチになるはずだったんだとか。

 そんなストーリーに対し、「前にも観たことがあるという感じがした」「満足できなかったんだよ。エルサに共感できなかった。彼女はほぼずっと悪役だったわけで、そんな彼女のことはどうでもいいって思ってしまうんだ。全然引き込まれないし、キャラクターたちには共感できないし」と納得できなかったことを漏らしつつ、「もしエルサが自分自身に恐怖を抱いていたら? そして愛する人を傷つけてしまうかもしれないことに恐怖を抱いていたら?」という問いが生まれ、「そこから、愛を象徴するアナと、恐れを象徴するエルサというキャラクターたちが生まれたんだ。それはエルサをより立体的で共感しやすいキャラクターにしたと思う。伝統的な“善 VS 悪”の対立ではなく、より共感しやすい“愛 VS 恐怖”という対立ができたわけだ。そしてこの映画のテーマも愛は恐怖に勝るというものになった」と世界中の人々に愛されるストーリーの知られざる誕生秘話を振り返っていた。本作の雪だるま・オラフを主人公にした短編『オラフズ・フローズン・アドベンチャー(原題) / Olaf's Frozen Adventure』が12月に全米で公開予定、さらには続編も進行している。(編集部・石神恵美子)