見所満載のFC東京×鳥栖戦。果たして、最後に笑うのは…。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

 4月1日にFC東京が味の素スタジアムに鳥栖を迎える一戦は、かつてFC東京で師弟関係にあった篠田監督とフィッカデンティ監督が再会するゲームでもある。手の内を知り尽くした仲だけに、どちらかと言えば“長所を消し合う展開”になりそうだ。
 
 ディフェンスの良し悪しが勝敗を左右しそうという意味で、注目したいのが両チームのGKだろう。FC東京の林は昨季まで鳥栖に在籍、一方で鳥栖の権田はFC東京出身と、いずれも古巣対決になるのだ。代表招集歴もある実力者同士の対決は、間違いなくこの試合の大きな見どころになる。
 
 昨季のFC東京は城福監督の下で鳥栖に1分1敗と負け越している。とりわけアウェーでは2-1とリードしながら、後半のアディショナルタイムに2ゴールを許して逆転される“悪夢”に見舞われているので、そのリベンジをまずはホームで果たしたいところだ。
 
 篠田監督、フィッカデンティ監督はともに“ハードワーク”がベースのチーム作りをしているので、開始直後から激しいバトルが展開されそうだ。FC東京は負傷離脱した郄萩の穴をどう埋めるかもポイントのひとつになる。このボランチ不在の影響が出ると苦戦を強いられるかもしれない。

 注目のFC東京×鳥栖は4月1日の16時に味の素スタジアムでキックオフ予定だ。