「まぁぼや」の「麻婆豆腐」(600円)

写真拡大

高良山神篭石や屏風山の愛称がある耳納連山、筑後川など、自然が魅力的なスポットが多数ある福岡県の原鶴温泉周辺。今回は、そんな同スポットで食べられる“激ウマ料理”を紹介しよう。

【写真を見る】「うなぎ料理 松月」の「うなむす」(430円)

■ まぁぼやの「麻婆豆腐」(600円)

東京・赤坂の「四川飯店」で修業を積んだオーナーが腕を振るう「まぁぼや」。看板メニューの「麻婆豆腐」は、本場・四川の味を見事に再現したあと引く辛さがたまらない!行列必至の激ウマ料理だ。

■ うなぎ料理 松月の「うなむす」(430円)

「うなぎ料理 松月」は、創業70年。ウナギを知り尽くした老舗ならではの至極の味が楽しめる。ウナギの身、ダシ、皮を使った「うなむす」は、ウナギの旨味がギュッと詰まった必食グルメだ。

■ DELI☆BOY BROS.HAMBURGERの「ワイルドチョップバーガー」(1026円)

幅広い年齢層が通う有名店。手ちぎりミンチでゴロゴロした食感のパティからは、肉汁があふれてたまらない!イチオシは食べ応え満点の「ワイルドチョップバーガーで、地元の愛されバーガーだ。【ウォーカープラス編集部】