SATCには別バージョンのオープニングが存在した!その衣装とは?

写真拡大

放映終了後も女性から圧倒的支持を受ける人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」。劇中に登場する華やかなファッションが見どころの一つだが、そのなかでも印象的なのが、主人公キャリーがピンクのタンクトップとチュチュを身にまといニューヨークを闊歩するオープニングシーン。ドラマを代表するようなこのシーンには、実は別バージョンが存在していたと「Entertainment Weekly」が報じている。その衣装とは?

本編で使用されることのなかった約35秒間のオープニングシーンで、サラ・ジェシカ・パーカー演じる主人公キャリー・ブラッドショーは淡いアイスブルーのシンプルなドレスと白のサンダルを着用。チュチュのコーディネイトより大人っぽく洗練された印象だ。水しぶきをかけられるかわりにヒールで足を挫き、バスに自分の広告が掲載されているのを見てくるっと一回転。微笑みながら軽々と街を歩くキャリーがかわいらしい映像になっている。

最終的に採用されたチュチュは、スタイリストのパトリシア・フィールドが5ドル(約560円)で見つけたもの。パトリシアは「番組のプロデューサーはチュチュを気に入らなかったけれど、サラと私で説得したの。そうしたら(番組プロデューサーの)ダレンは”オーケー、でも一応ほかの服も用意して”って言ったわ」と、最初は不評だったことを明かした。しかしながら今となってはプロデューサーも「あれは素晴らしい決断だった。というのもキャリーは人生を通してニューヨークでダンスしているようなものだからね」と絶賛する仕上がりに。あなたはどちらのバージョンがお好みだろうか?