写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイが展開するフィギュアS.H.Figuartsにおいて、『キン肉マン』や「ストリートファイター」など格闘キャラクターの技を再現することを目指した「新・格闘素体」を使用したアイテムに、『タイガーマスクW』のタイガーマスクが登場。「S.H.Figuarts タイガーマスク」として2017年8月に発売される。価格は6,480円(税込)。

『タイガーマスクW』は、1968年から連載された梶原一騎氏によるプロレス漫画『タイガーマスク』をもとに、正義の覆面レスラー・タイガーマスクこと伊達直人が残したマスクを引き継ぎ「新タイガーマスク」となる東ナオトと、自ら敵陣営に加わって内部から組織を潰すため、黒の虎のマスクを手にし「タイガー・ザ・ダーク」となる藤井タクマの2人の若きプロレスラーを描いたTVアニメで、2016年10月から放送。制作にあたっては新日本プロレスの全面協力のもと、劇中にはオカダ・カズチカら新日本プロレス在籍の実在プロレスラーが登場するのも見どころとなっている。

「S.H.Figuarts タイガーマスク」では、「新・格闘素体」により格闘キャラクターの自然なフォルムと可動域を両立。プロレスラー特有の隆々とした筋肉をまとった体型を崩すことなく、各種プロレス技の「掛け合い」を可能にしている。

(C)梶原一騎・辻なおき/講談社・テレビ朝日・東映アニメーション