彼氏に依存する女性は嫌われる? 恋愛依存症の特徴と克服方法

写真拡大

彼氏のことが好きすぎると、彼氏の行動や発言がすべて気になって、つい彼氏のことばかりを考えてしまいがち。それが極端になると、彼氏依存の状況になり、恋人からは重い女だと嫌がられてしまう可能性も。恋愛依存の女性が「彼氏に依存しすぎるのをやめたい」と思っていても、なかなか克服できなかったりしますよね。そこで今回は、女性のアンケートデータを参考に、彼氏に依存しやすい女性の特徴と、重い女になってしまう原因、そして恋愛依存の克服方法を紹介します。

<目次>

■こんな女性は要注意! 彼氏に依存しやすい女性の特徴

それでは、どんな女性が彼氏に依存してしまいやすいのでしょうか。その特徴について、働く女性に聞いてみました。

◇1.自分に自信がない

・「自分に自信がない人。恋愛関係になって、相手に肯定されたいと思っていそう」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「自分に自信がない人。自分が今そんな感じ。昔は彼に依存するようなことはなかったけど、今は自分に自信が持てないのもあって彼がいなきゃって気持ちが高まっている。なんとかしなきゃ」(31歳/不動産/経営・コンサルタント系)

・「自分に自信がない。居場所がわからないから。必要としてくれる人がいるということにすがりたくなるんだと思う」(34歳/情報・IT/技術職)

自分に自信がないと、どうしても彼氏にすがってしまうことが多くなりがちですね。離れたくないといった気持ちが強くなってしまうのではないでしょうか。

◇2.さみしがりや

・「さみしがりやで友だちが少ない人。友だちが少ないと彼氏とばかりいて依存しやすいから」(26歳/医療・福祉/技術職)

・「さみしがりやで、かまってほしいといつも思っている女性」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「さみしがりやで甘えん坊な人は頼りがちだと思う」(27歳/金融・証券/その他)

さみしがりやの人は、誰かと一緒にいないと不安で仕方がないというのもあるのではないでしょうか。

◇3.自分の趣味がない

・「自分の趣味を持っていない、時間を持て余している女性」(34歳/情報・IT/事務系専門職)

・「自分の趣味がない。恋人ができると恋愛より優先順位が上のものがなく、恋愛中心の生活になってしまうため」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「趣味やほかの楽しみがなくて自立していない人は依存しやすいと思う。彼氏に夢中になりすぎてLINEの返信スピードを気にしたり、一緒にいない時間も不安になったりしてしまうと思う」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

自分の趣味に時間を費やす習慣がない女性だと、時間を持て余してしまいがち。その時間も彼氏に充てることで、ほとんどの時間が彼氏のためとなってしまうのかもしれませんね。

◇4.彼氏中心になってしまう

・「彼氏中心で生活がまわっていて、彼氏のためなら何でもするし、貢ぎ癖があると思います」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「彼氏中心の生活を送っている。約束していたのに、彼氏からの連絡がきたからドタキャン」(30歳/学校・教育関連/専門職

・「彼氏のことが好きすぎて四六時中、彼氏のことが気になったりして、恋愛が生活の中心になる感じ」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

彼氏のことが好きすぎるあまり、すべてが彼氏中心となってしまうのかもしれませんね。

◇5.友だちが少ない

・「友だちが少ないと彼氏しか遊ぶ相手がいないので……」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「友だちが少なく、趣味もなく、どこか自分に自信がない女性。かわいい顔の子が多いような気がします。かわいいからモテるのに、依存してしまうので重たがられるか変な男と共依存になる」(31歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「友だちが少ない女性が多い印象。強がっているが、実はガラスのハートで傷つきやすい人」(31歳/医療・福祉/その他)

友だちが少ないと、友だちと遊ぶ時間も少なくなりますよね。そのため、あいている時間はすべて彼氏と、ということになってしまうのかもしれませんね。

◇6.彼氏への連絡がマメ

・「毎日の連絡を欠かさずする人。いつでも相手のことを知っていたい人だから、依存度は高いと思う」(27歳/その他/販売職・サービス系)

・「連絡をひたすらとりつづける。どこにいても何をしているのか気になっている」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「連絡をマメにしないと不安になる。彼氏と一緒にいないときは何をしているか気になる」(29歳/食品・飲料/営業職)

彼氏との関係で不安があると、彼氏を離したくない気持ちが強くなってしまいますよね。そのため、連絡の回数も多くなってしまうのかもしれません。

彼氏を好きすぎたり、自分自身に自信がないと、どうしても彼氏にすがってしまうことが多くなるのではないでしょうか。彼氏からすれば、束縛感を感じることになるのかもしれませんね。

■気づいたら重い女に……彼氏に依存してしまう原因は?

自分でも気づかないうちに、重い女になってしまっていることもあるもの。では、なぜ彼氏に依存してしまうものなのでしょうか。働く女性にその原因を聞いてみました。

◇1.嫌われたくないから

・「嫌われたくないから。依存していないと相手が離れていってしまうから」(27歳/その他/その他)

・「嫌われたくないからと相手の都合に合わせる」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「嫌われたくない、捨てられたくない。愛してほしい」(34歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

嫌われたくないという気持ちが強すぎると、彼氏に合わせたりすることが多くなりがちですね。

◇2.自分に自信がないから

・「自分に自信がなくて嫌われたくないから相手に合わせてしまったり、相手を信用していないから不安になって嫉妬したり束縛したり依存的な行動をしてしまうように思う。そして依存していることに気づいていない」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「自分に自信がないから。必要とされていると感じたいから」(33歳/電機/事務系専門職)

・「自分に自信がない人。相手の言うことを聞かなければ、一緒にいられないとか、自分の都合を言えずに無理してしまう人」(32歳/自動車関連/その他)

自分に自信がないと、恋愛関係を続けるためには、彼氏のことばかりになってしまうのではないでしょうか。

◇3.さみしいから

・「さみしいから。人に求められたいから」(33歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

・「さみしがりやで彼氏によって満たされようとしている人」(25歳/その他/事務系専門職)

・「さみしがりやで孤独癖がある。だから自分を認めて受け止めてくれる人に依存する」(27歳/自動車関連/販売職・サービス系)

さみしがりやだと、誰かにすがってしまうということも多くなってしまいそうです。彼氏がいれば、すべてが彼氏中心になってしまいそうですね。

◇4.ほかに楽しみがないから

・「趣味がないから、彼氏と関わる以外にすること、したいことが特にないとか、仕事や家で少しでも嫌なことがあれば、逃げ道にしていそう」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「趣味がなく、友だちもおらず、ほかに楽しみがないから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ほかに楽しみや趣味があまりないため、好きな彼氏との時間が人一倍幸せに感じるため」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

ほかに何もなければ、楽しみは恋愛だけということになるのではないでしょうか。そのため、常に彼氏にかまってもらいたくなってしまうのかもしれません。

彼氏のことだけを考えていたり、ほかに何もすることがなければ、彼氏を中心とした生活になってしまうのかもしれません。

■恋愛依存を克服したい! 彼氏への依存度を抑える方法

彼氏に依存したままでは、いつか振られてしまう可能性もあるものです。そこで働く女性に、どうすれば彼氏への依存を抑えられるか、教えてもらいました。

◇1.趣味を見つける

・「趣味を見つける。自分ひとりの時間を楽しめるようになる。彼と休みがかぶった日に彼とはちがう予定を入れる」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「趣味や習い事に割く、時間をとる。実際友だちでも趣味に忙しい人は彼への依存度が少なく、これといった趣味がない人はデートくらいしか休日やることがなかったり、普段も携帯を常に見ていて常に連絡が取れていないとイヤという人が多く、依存度が高い傾向にある気がするので」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「趣味を見つける。自分の時間をひとりで楽しめるようになる。もしくは他人には期待しないという信条を持つ」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

彼氏以外のことに興味が向けば、彼氏に依存することも少なくなりますよね。趣味ができれば、そこに時間も必要ですから、依存度も低くなりそうですね。

◇2.友だちと遊ぶ

・「彼氏以外の友だちや家族と過ごす時間をちゃんととって、楽しむ。自分の時間を持つ」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「友だちと遊ぶこと。彼氏以外の人にも頼ることができれば、依存を抑えられる」(26歳/医療・福祉/技術職)

・「友だちとの予定をたくさんつめこんだりして、とにかく彼氏に費やせる時間がない状況を作ってみる」(30歳/医療・福祉/専門職)

友だちと遊ぶことによって、彼氏のことを考える時間も減ってくるのではないでしょうか。いろいろな楽しみも見つけられそうですよね。

◇3.仕事を充実させる

・「仕事に打ち込んで成果を出すしかない」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「仕事を忙しくするとか楽しい趣味を見つけるとか、友だちと深く接するとか」(25歳/情報・IT/販売職・サービス系)

仕事に集中できるようになれば、彼氏どころではなくなってくることもありそうです。仕事に打ち込むことで、彼氏とはほどよい距離感になれることも。

◇4.自分磨きをする

・「自分に自信を持てるよう、自分磨きをすること。趣味や仕事、友だちと遊んだりなど夢中になれることを見つけること」(26歳/自動車関連/その他)

・「自分磨き。自分をよく理解し、いいところと悪いところを見極めて認めること」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「自分自身を磨いてスキルアップをすること」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

彼氏依存の原因のひとつに、自分自身の自信のなさというのもありますよね。それを解消するには、自分磨きというのも有効となるようです。

◇5.自立する

・「自立した気持ちを持つこと。仕事や他人との関係も大切にすること」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自立すること。ひとりでも生きていく力をつけること」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「自立する。男性だけがすべてではないことを理解する」(34歳/医療・福祉/専門職)

自分自身が自立できれば、彼氏への依存もなくなってくるのではないでしょうか。自分である程度のことはできるということも大切ですよね。

恋愛に対する依存を抑えるには、彼氏以外のための時間を積極的に作ることがカギとなりそうです。また、自分に自信を持ち、自分自身がしっかりと自立することが必要ではないでしょうか。

■まとめ

彼氏との関係を良好に保つには、あまり依存しすぎてもダメですよね。重たい女だと嫌がられないためにも、自分の時間も彼氏との時間も、バランスよく楽しめる自立した女性でありたいもの。上記の対処法を踏まえて、彼氏に依存しすぎずいいカップル関係を保っていけるように心がけてみてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年3月21日〜3月23日
調査人数:406人(25〜34歳の女性)