故障者/仙台=平山、中野、差波、西村 川崎=家長、エドゥアルド、エウシーニョ、田中、井川、武岡、舞行龍、田坂、阿部、ポープ
出場停止/仙台=なし 川崎=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ・第5節
ベガルタ仙台 - 川崎フロンターレ
4月1日(土)/14:00/ユアスタ
 
ベガルタ仙台
今季成績(4節終了時):4位 勝点9 3勝0分1敗 3得点・2失点
 
【最新チーム事情】
●石川直が臀部の傷みで3月25日の練習試合を回避。ただし、すでに全体練習には合流。
●同日の練習試合でハットトリックを達成したクリスランはベンチスタート濃厚か。
●西村はかねてから傷めていた足の故障が悪化。ベンチ入りしない見込み。
●負傷離脱していた差波が全体練習に部分合流。
●3月24日、18歳のGKイ・ユノが新加入。
 
【担当記者の視点】
 前節・柏戦は、試合終了間際に奥埜が得点を決めて勝利。現状で先発には変更がない見込みで、負傷した西村に代わってベンチメンバーに動きがあるくらいか。トレーニングマッチを回避した石川直も「もう痛みはない」と問題なさそう。
 
 クラブは現在、4節終了時点で3勝0分1敗の4位と好調。ただ、今節の川崎戦を手始めに6節・浦和戦、7節・鹿島戦と強豪との対戦が続く。この重要な連戦で上位に止まれるか、中位以下に引き込まれるか。まさに正念場だ。
 
 4試合を終えて2失点と堅守は構築しているものの、3得点と攻撃力は心許ない。両ウイングバックを上手く使いながら“ポゼッションサッカーの先輩”である川崎を押し込み、一撃必殺で撃破したい。
川崎フロンターレ
今季成績(4節終了時):8位 勝点7 2勝1分1敗 5得点・5失点
 
【最新チーム事情】
●田坂、阿部が新たに負傷者リスト入り。怪我人は10人に上る。
●長谷川が2トップの一角で先発か。ルーキーの知念を起用する可能性も。
●最も怪我人が多い最終ラインは、3バックに変更する見込み。
 
【担当記者の視点】
 U-20日本代表のドイツ遠征(3月19日〜29日)から三好と板倉が戻ったが、怪我人は合計で10人と、苦しい台所事情が続く。仙台戦には3-5-2の形で臨みそうだ。
 
 2トップの一角には長谷川を起用する見込み。ただ、ルーキーの知念を抜擢する可能性もある。一方、エドゥアルド(右肩関節反復性脱臼)、エウシーニョ(右脛骨骨折)、舞行龍(右膝外側半月板損傷)、井川(右膝内側々副靭帯損傷)と、長期離脱者が相次ぐ最終ラインは、谷口、車屋、奈良の組み合わせとなるだろう。