写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マネーフォワードは3月31日、住信SBIネット銀行、みずほ銀行、三井住友銀行との業務提携を発表した。これに伴い、更新系のAPIを活用し3行への振込依頼を完結できる機能を、同社のクラウド型経費精算ソフト「MFクラウド経費」内にて提供開始した。

「MFクラウド経費」は、経費精算の作業をPCやスマートフォン上で行えるクラウド型システム。カード明細や交通系ICカードの自動読取、レシート入力の自動化などで、手作業での入力を削減している。スマートフォンに対応し、経費の登録、申請、承認をアプリで行える。

今回の連携により、従業員の立て替え経費精算時に、MFクラウド経費内で3行のネットバンキングに対して、振込依頼が可能になる。

(山本明日美)