4月2日の「ザ・ドキュメンタリー」で猫特集/(C)テレビ東京

写真拡大

4月2日(日)深夜3時5分から「ザ・ドキュメンタリー『猫ブームの裏側 “ワケあり”猫の行く先は』」が、テレビ東京で放送される。“猫ブーム”の裏で年間8万9000匹近くの捨て猫・野良猫が行政に引き取られ、殺処分されている現実を追う。

【写真を見る】猫ブームの裏側をカメラが追う/(C)テレビ東京

状況の改善のために動いている埼玉・川越の「保護猫カフェねこかつ」に密着。ここにいるのは、事故で足を失った猫、失明寸前の状態で捨てられていた子猫など、さまざまな事情を持つ“ワケあり”の保護猫たちだ。

■丸山恵ディレクターコメント

猫は、人間にとって癒やしの存在。テレビやネットには、「かわいい猫」があふれています。では、猫にとって人間って、どんな存在でしょうか。かわいがられて、愛される猫がいる一方で、人間の都合で捨てられて、殺されていく猫たちがいます。

そんな猫たちを保護している「保護猫カフェ ねこかつ」の店主、梅田さんに密着しました。どこから来たのか、何があったのか、猫たちはしゃべってくれません。代わりに梅田さんが、ワケあり猫たちの「ワケ」を教えてくれました。かわいい猫たちの、かわいいだけじゃない現実を、ぜひご覧ください。