写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは3月30日、IoTの推進に向けて、eSIM(Embedded Subscriber Identity Module)に対して通信ネットワーク接続に必要な情報(プロファイル)を、遠隔から書き込んだり切り替えたりすることを可能とするeSIMプラットフォームの開発を進めていることを明らかにした。

従来、M2M機器などでは、販売先の国や地域の通信事業者ごとに対応するSIMを用意し、組み込む必要があったが、eSIMを組み込むことで、各通信事業者のネットワーク接続に必要な情報を、M2Mの管理プラットフォームなどからネットワーク経由で書き込んだり、切り替えたりすることが可能となるため、国別にハードウェアを変更する必要などの手間を削減することが可能となるという。

なお、同社では同プラットフォームの運用を2017年中に開始する予定としているほか、同プラットフォームでは、タブレットやウェアラブル端末などに搭載されたeSIMに対しても、通信ネットワーク接続に必要な情報に加え、事前に登録した契約情報などを遠隔で書き込むことが可能となると説明している。

(小林行雄)