北の核は実は羨望の的(アフロ)

写真拡大

 左派親北政権の誕生が現実味を帯びる韓国で、再び「核武装論」が勢いを増している。もし南北が統一すれば、韓国は自動的に北の核を手に入れることになる。その時、韓国は核を放棄するのか。答えは否だ。拓殖大学大学院特任教授の武貞秀士氏がレポートする。

 * * *
 韓国の「悲願」が叶う日が近づいている。

 キー・ファクターは、朴槿恵大統領失脚とトランプ政権の誕生である。これらの要因を追い風にして朝鮮半島に統一国家(統一コリア)が誕生し、韓国がタナボタ式に「核」を手にする可能性が高まっているのだ。

 まず、統一コリア成立までの青写真を描いてみよう。

「私にとっては取り引きが芸術だ」。

 自伝でそう宣言するトランプ大統領は韓国に自主防衛を促し、在韓米軍の撤収、或いは大幅削減を実行。一方で北朝鮮の金正恩委員長には、核開発の凍結と引き替えにインフラ投資と米朝不可侵協定の締結を約束するかもしれない。北朝鮮が核開発を凍結する見返りに、軽水炉2基の建設や50万tの重油供給などを盛り込んだ1994年の米朝枠組み合意の焼き直しだ。

 ただし、核兵器を「朝鮮半島統一のための唯一無二の手段」と考える北朝鮮は決して核をあきらめず、米国の圧力を巧みにかわしながら、堂々と核弾頭やミサイルの開発を進めるはずだ。

 こうした状況において、反米・対北融和派の韓国最大野党「共に民主党」の前代表・文在寅(ムンジェイン)氏が新たな韓国大統領になれば、「(北の同胞は)同じ民族としてよく頑張っている」として、大胆に北朝鮮に接近するのは間違いない。そして文在寅氏と金正恩委員長が手を握り、平和的な南北統一への流れができる。

 その後、考えられるのは、両国が文化・経済交流を進めながら統一に至る垣根を低くしつつ、南北同数の代議員で連邦議会を作り大統領を選出するシナリオだ。ここで韓国側に一人でも従北勢力の代議員がいれば、多数決で金正恩大統領が誕生することになる。

 仮に、北朝鮮の主導で統一が進んでも、文在寅氏は「朝鮮民族の力量を世界に見せる絶好の機会がやってきた」と強調し、北朝鮮が密かに続ける核開発を断固支持するだろう。そして、統一コリアが核を保有する日が到来するのである。

●たけさだ・ひでし/1949年兵庫県生まれ。慶應義塾大学大学院修了後、防衛省防衛研究所(旧・防衛庁防衛研修所)に教官として36年間勤務。その間、韓国延世大学に語学留学。米・スタンフォード大学、ジョージワシントン大学客員研究員、韓国中央大学国際関係学部客員教授を歴任。2011年、防衛研究所統括研究官を最後に防衛省を退職。その後、韓国延世大学国際学部教授等を経て現職。主著に『東アジア動乱』(角川学芸出版刊)、『韓国はどれほど日本が嫌いか』(PHP研究所刊)、『なぜ韓国外交は日本に敗れたのか』(PHP研究所刊)などがある。

■取材・構成/池田道大(ジャーナリスト)

※SAPIO2017年4月号