オレンジヘーゼルナッツ風車

写真拡大

ニューヨーク発、ニュージェネレーションベーカリー「DOMINIQUE ANSEL BAKERY」は、2017年3月29日に銀座三越・地下2階に日本2号店となる「DOMINIQUE ANSEL BAKERY JAPAN at GINZA」をオープン。

【可愛すぎる!】パンマニアおすすめパン画像をもっと見る【フォトギャラリー】

世界でも初めてとなるテイクアウト専門店。3月の半ば、一足お先にプレス発表会があるというので表参道店に行ってきました。

ドミニクアンセルベーカリーと言えば、ハイブリッドブレッドの先駆け。本店はニューヨークなのにどこかユーモラスなパンが多くて思わず笑みがこぼれます。

発表会には銀座店限定だというパンやスイーツが10種類以上あり、どれも一風変わっていて全てをご紹介したいところですが、ここはパンマニア片山が食べてみて美味しかったものベスト3をご紹介しようかと。

第3位 明太子フォカッチャ

見た目がおにぎりのフォカッチャで、おにぎりの中にはたっぷりの明太子が入っています。

風味と焼き色的にはフォカッチャっぽくないのですが、明太子がしっかり辛いのに生臭くない。おにぎりを模倣するべくベースのパンには焼き色をつけていないと思うのですが、逆にそれにより明太子自体の風味がそこなわれず、なにより形が可愛い(笑)

第2位 オレンジヘーゼルナッツ風車

風車をモチーフにしており、ブリオッシュ生地を丁寧に織り込んだ生地がサクサクとフワフワの食感を生み出しています。中にはチョコレートクリームとヘーゼルナッツのキャラメリーゼ、仕上げにオレンジのコンフィが乗っているので、爽やかな食後感が楽しめます。

見た目の先入観でめちゃくちゃ甘いのだろう!と思って食べたら、そんなことなく。これは、試食会で頂いたパンすべてに共通しているのですが、甘すぎない! 程よい甘さに抑えており、遊び心はあるけれど大人が楽しめる味なものが多かったです。

第1位 黒糖DKA

そして、栄えある第1位は、黒糖DKA。「ドミニクのクイニーアマン」の頭文字から名づけられたDKA。これがダントツ1位で美味しかった!!

唯一ドミニクシェフの名前が入っているフランス・ブルターニュ地方の伝統菓子をベースにしたオリジナルスイーツ。「DKA」は銀座限定とのことで黒糖の甘味と豊かな香りが楽しめます。しかし、こちらのDKAは甘いだけではないんです。

もちろん黒糖を使っているので柔らかい甘さではあるのですが、もう一つ隠し味を感じずにはいられない。ただ、資料には何も書かれていない。でも、絶対になにか入っているはず!とシェフにお聞きしたところ「実は奥深い味わいを出すためにコーヒーを少し入れているんです」とのこと。やっぱり!!! 甘さと苦さのベストマッチ!

これを食べたら普通のクイニーアマンは食べれなくなるかも?! それくらい美味しい黒糖DKAでした。

激カワ!パン以外の注目商品

ここからは番外編。パン以外で面白くて美味しかったものをご紹介。まずは、見た目の可愛らしさに思わず手が伸びた「スクエアウォーターメロン」は、四角いスイカを形をしたスイーツ。

さくっとフォークが入り想像以上に柔らかくてびっくり! 爽やかなスイカライムのジュレと濃厚なピスタチオのムース、甘酸っぱいラズベリーのムースなど複雑ながらも味が喧嘩せず、クセになる美味しさでした。

メロンパンとクリームパンのハイブリッドパン「Mr.Roboto」シリーズの銀座限定の「ミスターカブキ」。歌舞伎座が近くにあり日本文化を楽しめるメニューを開発したいとの思いから誕生したそう。これはいかにも銀座店っぽくて良いですよね。

ちなみに肝心のお味ですが、あんことカスタードを組み合わせたクリームが中に入っていて、甘すぎずに気持ち酸味さえも感じます。

今回紹介しきれていないものに、りんごの形をしたマシュマロやたい焼きパウンドケーキなど手土産に最適なものなども。

銀座という場所柄、女子会はもちろん近隣の会社員の方にも重宝されそう。どれもこれも遊び心いっぱいで宝箱をひっくり返したようなパンばかりなので是非ご自分の目で確かめに行ってみてくださいませ!

DOMINIQUE ANSEL BAKERY JAPAN at GINZA
(ドミニクアンセルベーカリー銀座)

住所:東京都中央区銀4-6-16銀座三越B2階
営業時間:10:30〜20:00
定休日:銀座三越の定休日に準ずる
電話番号:03-3586-1329(表参道)