写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シグマは31日、超望遠ズームレンズ「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」の発売日を、4月21日に決定した。価格は105,000円(税別)。

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMは、シグマのレンズプロダクトライン「Contemporary」に属する超望遠ズームレンズ。製品は2月21日に発表していたが、このたび発売日が4月21日になったことを正式にアナウンスした。対応マウントはシグマ用 / ニコン用 / キヤノン用を用意。

「ライト・バズーカ」と呼ばれるモデルで、焦点距離は100mm〜400、開放F値は3.5-6.3。直進ズームとして使用できるほか、望遠マクロとしても活用できる。概要については、別記事『シグマ、新たな手ブレ補正の超望遠「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」』を参照いただきたい。

(リアクション)