何かあったら、またワンルームから始めればいい #ふたりごと

写真拡大 (全5枚)

新しいことを考えるとき...。

自分がワクワクしているか? っていうことをいちばん大切にしているかなぁ。

自分が感じた違和感を100%信じる

新しい仕事の話や、人との出会い。どちらも共通して、話を聞いたときにワクワクしたらとりあえずやってみるし、会ってみる!

昔は、自分の感じたことに対して100%の自信がなかった。だから、ワクワクしていないのにとりあえずやってみたり、会ってみたりして、何だか疲れてしまっていた。それは、私が未熟だからそう感じてしまうんだって思うようにして、仕事や人間関係を続けていたんだ。

でも、いまは違う。自分が感じた違和感を100%信じるようにしてる。それはいままでの経験から、違和感を感じたことは続かないってわかったから。

自分を信じると書いて「自信」。自分を信じることができれば、自信はついてくるんだよね。だから、いまはワクワクする気持ちや違和感に対して自信をもって対応するようになれたよ。

引っ越しする。リアルな話、家賃が高くなる

20170329_kumio_02.jpgじつは、この春、引っ越しをすることになったの。

新しい家を探しているときは、まさに、ワクワクするか、をいちばん大切にしてた。玄関を入り、リビングを見た瞬間「わぁ!!!」って感じるかどうかね。

何件も見て周って、やっと一瞬で「ここだ!」って思える家にめぐりあえて、いますごくワクワクしてる。

リアルな話、家賃が高くなる。

でもこのプレッシャーが私の仕事へのモチベーションも上げてくれた。「家に見合う自分になるぞ!」ってやる気が出てきて、自分を追い詰めるドM体質を発揮してる(笑)。

何かあったら、またワンルームから始めればいい

20170329_kumio_04.jpgひとり暮らしを始めたのは、14年前。

築35年くらいの古いマンションの小さなワンルームだった。北向きで日も入らず、しかもコンクリートの壁だったから、冬は部屋のなかでも白い息が出るくらい寒くて。

ふいに壁に寄りかかってしまうと、冷た過ぎて震え上がってた。壁に寄りかかれない部屋ってどんなよ? なんて、ひとりでツッコミ入れてたのが懐かしい。

この経験はいつでも私の根底にある。だから、何かあったら、またワンルームから始めればいいって思ってる。この気持ちだけはなくさないように、って常に自分に言い聞かせてるよ。

20170329_kumio_05.jpgどんなことが起きてもいつだってあのころの自分に戻ってまたイチからがんばれる自分でいたい!

これって、ひーちゃんのいう「初心に返る」ってことと似ているのかな。ま、本当の本当の本音は、もう部屋で白い息が出るのだけは回避したいけどね(笑)。

それよりひーちゃん。最近はどんなファッションに興味ある?

>>連載「ふたりごと」をもっと読む

こちらも読まれています

・外国人みたいに、目と眉の距離を近づけるには? #sponsored

・なぜか勇気もらえた。いま話題の「モアナチャージ」ってなに? #sponsored

・保湿もやり方によっては無駄?盲点だった肌ケア #sponsored