写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUSTeK Computerは3月31日、NVIDIA GeForce GTX 1080 Tiを搭載したハイエンドグラフィックスカード「ROG-STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING」を発表した。防塵ファンを備えた独自クーラーを採用する。4月1日に発売し、価格はオープン。店頭予想価格は税込111,000円前後。

2.5スロットサイズの独自クーラーを採用。IP5X準拠の防塵性能を備えた冷却ファンに加えて、ヒートスプレッダの接触面を従来の2倍とした「MaxContact」技術によって、効率的な冷却を可能とする。また、アイドル時などGPU温度が54度以下のときに自動でファンを停止する「ゼロノイズ」機能に対応する。

本体にLEDを内蔵し、イルミネーション機能「Aura」をサポート。同じくAuraに対応したマザーボードとLEDの光り方を同期できる「Aura Sync」も利用できる。

主な仕様は、CUDAコア数が3,584基、ベースクロックが1,569MHz(定格の1,480MHzからOC)、ブーストクロックが1,683MHz(定格の1,582MHzからOC)、メモリが352bit接続の11GB GDD5X、メモリスピードは11Gbps。TDPは250Wで、補助電源コネクタが8ピン×2、出力インタフェースがHDMI×2、DisplayPort×2。DVI-D×1、本体サイズはW298×D134×H53mm。重量は約1,060g。