東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は30日、同社の運行情報など、各種インフォメーションを提供する公式アプリ「JR東日本アプリ」について、31日から提供情報を拡大すると発表した。

 

今回のアプデでは、3つの新情報を提供。「東北・北海道・上越・北陸新幹線」については、個別の列車の情報提供を開始し、列車ごとの停車駅や始発駅、行き先などの基本情報に加え、車両型式、電源コンセントの有無、車内販売の有無、列車走行位置などの細かい情報までわかる。

新幹線の個別の列車の情報

すでに提供されていた「在来線の列車走行位置」は対応路線を拡大。青梅線(立川〜青梅)、五日市線(立川〜武蔵五日市) の2路線が加わった。

列車走行位置

3つめは、全国の鉄道路線に対応した新機能「乗換案内」。乗り換え経路の検索に始まり、駅の構内図やホーム出口案内、コインロッカー空き状況、列車走行位置などの情報が得られる。

乗換案内

発表資料

URL:http://www.jreast.co.jp/press/2016/20170318.pdf

2017/03/31