気の利いた鎌倉みやげを探しに。神奈川の良いものや縁起物が集う「鎌倉八座」へ

写真拡大 (全8枚)

鎌倉散歩といえば、大仏様にお参りしたり、海に行ったり......。どこへ行っても飽きないけれど、なかでも王道中の王道、鎌倉駅周辺はいつ訪れても楽しいものです。
「苔寺(こけでら)」として有名な「妙法寺」にお参りに行ったり、大正ロマンを感じるアンティークなカフェ「ミルクホール」でお茶したりするのもいいですが、鎌倉駅と鶴岡八幡宮を結ぶメインストリート・小町通りは外せません。多くのお店が軒を連ねていてにぎやかな小町通りにまたひとつ、神奈川県の八百万の良いものと、末広がりの縁起物が集まる場所が誕生しました。
地元に愛されていくお店に

それは2017年3月25日(土)にオープンした「鎌倉八座(かまくらはちざ)」。古都・鎌倉で商いを始めて90年、「シンプルでモダンな和と洋のスタイル」を提案する「せいた」の運営のもと、地元の工芸や食材によるオリジナルアイテムをはじめ、地域色豊かなモチーフや四季を感じられる土産ものがそろっています。
鎌倉八座の監修を手掛けた「中川政七商店」にどうしてここにお店を作ることにしたのかを伺うと、
「当社では、地域観光とものづくりに新たな繋がりをつくる『日本市プロジェクト』を展開しており、鎌倉八座は、地元の良い土産ものづくりに取組むパートナーショップ"仲間見世(なかまみせ)"の八号店としてサポートさせていただいております。鎌倉が、古くからの歴史や古都の佇まいを残しつつ、新しい文化や暮らしが共存する町であることにも魅力を感じました。八幡さまのお膝元に位置することにちなみ『八』をキーワードに、末広がりの縁起物と地元の八百万の良いものが集まる場所として、観光客のお客さまはもちろん、地元にお住まいのみなさまにも愛されるお店になることを願っております」
という答えが返ってきました。では、具体的にどのような商品があるのでしょうか。
オリジナリティあふれる鎌倉みやげ
まず目をひくのが、八幡さまの使いであり、平和の象徴とされる鳩モチーフのアイテム。陶製の鳩の中に、小さく折りたたんだお告げが入っている「鳩しるべ (白、桃)」(各450円)もそのひとつ。ご当地でないと購入できないところがお土産物としても喜ばれているポイントかもしれません。
また、鎌倉のどこかにある「豆粒町」を舞台にした、安野モヨコさんの漫画「オチビサン」のグッズが実店舗としてははじめて販売されています。
さらに「鳩」と「神奈川県の名産」のコラボ商品もありました。それは神奈川県の名産「横浜スカーフ」をルーツにもつ、相和プリント(神奈川県平塚市)による手捺染で仕上げられた「湘南手捺染 鳩菱紋シリーズ」。ペットボトルカバー、御朱印帳、ギャザーポーチ、小銭入れ、定期入れ、香袋などがあります。

そして神奈川県の伝統工芸品、箱根の寄せ木細工。同じ「木」なのに表情がすべて異なり、1ピースごとに個性がありつつもまとまりがあって美しい。なかでも「鎌倉八座」で販売されている太田木工の品は、シンプルでモダンなデザインが新鮮です。

おもたせとしても便利なのは、「鎌倉 ハニカムコーヒー」(640円)。北鎌倉の焙煎工場「ベルタイム」と一緒に作ったという「鎌倉八座ブレンド」です。自分用にも買って、ほっと一息。気持ちを整えたいときにいただくのもいいですね。

そのほかにも鎌倉の山や、鎌倉の海が描かれた「注染手拭い」、手のひらサイズのご当地だるま「子だるま 鎌倉大仏」など、オリジナリティあふれた品がそろった鎌倉八座。鎌倉めぐりでぜひ立ち寄りたいお店です。

[鎌倉八座]
住所:神奈川県鎌倉市小町1-7-3
電話:0467-84-7766
営業時間:9:30〜18:30
定休日:無休(年始は除く)