たまにはネコ目線で見てみる。京都の魅力を再発見できる写真展

写真拡大 (全4枚)

「岩合光昭の世界ネコ歩き」(NHK・BSプレミアム)という番組が好きで、よくうちのネコたちと一緒に見ています。世界中の街角にいるネコたちが見られるのはもちろんですが、動物写真家である岩合さんのネコへの近づき方も見どころ。
まるで人間を相手にしているように挨拶をして、相手の様子を探りながら話しかけ、少しずつ距離を近づけていきます。無理強いすることはなく、去るネコは追わず、リスペクトを忘れません。やがて、どの国にも心を開いてくれるネコが現れて、自然体で美しく、チャーミングな表情を見せてくれます。
そんな岩合さんが撮った新作のネコ写真集の舞台は、日本の京都でした。
ネコが案内してくれる京都の街や人
2017年4月29日(土)に発売予定の『ねこの京都』(株式会社クレヴィス)は、岩合さんが1年以上かけて取材した京都のネコたちの写真集です。
岩合光昭『ねこの京都』/ 1,728円(税込)※2017年4月29日発売予定
ネコを通して見た京都が、春夏秋冬の4章構成で展開されています。
京都といえば、歴史的建造物や独特のマナーが多く「敷居の高い街」というイメージを抱きがち。そんな街並みやそこに暮らす人たちをネコたちに案内してもらったらどんな景色が見えてくるのか......岩合さんが「いつの間にか心地よい都になっていた」と語るその内容が、いまから興味津々です。

そして5月には、同写真集をもとにした写真展が、日本橋三越(東京)とジェイアール京都伊勢丹(京都)にて開催予定。

自由気ままでありながら賢く、瓢々としていながら物憂げなネコたちの生きざまが、古都の文化を息づかせているようにも感じさせてくれる写真の数々。新しい京都の楽しみ方を教えてくれそうです。

[岩合光昭写真展「ねこの京都」]
<東京>会場 日本橋三越本店7F 本館・新館7階ギャラリー日程 2017年5月3日(水・祝)〜5月15日(月)入場料 一般・大学生:800円 / 高校・中学生:600円 / 小学生以下無料
<京都>会場 ジェイアール京都伊勢丹 美術館「えき」KYOTO日程 2017年5月18日(木)〜6月4日(日)入館料 一般:800円 / 高・大学生:600円 / 小・中学生:400円