長く愛用するために、冬ブーツの正しいお手入れ収納のコツ

写真拡大 (全5枚)

衣替えシーズン、クリーニングに出して片づける洋服と違って、ブーツは自己流で片づけますが、次のシーズン、履こうと思ったら状態が良くなかったという失敗があるのは私だけではないはず。片づける前のお手入れで大切に長く愛用できると「靴磨き女子部」のみなさんが教えてくれました。
「靴磨き女子部」とは、男性だけでなく女性もきちんと靴磨きを行って、お気に入りの靴を長く愛用してもらおうという思いからR&Dという靴磨きアイテムを多く展開する会社の女性社員が立ち上げたもの。女性のための靴磨き法をはじめ、普段のお手入れ方法から衣替え時のお手入れ方法など、これならできそうというアドバイスを発信しています。そんな「靴磨き女子部」に、正しいブーツのお手入れ収納のコツを伺いました。
型崩れを防ぐには、ロング・ショートで分ける
長期間保管することになるブーツは、保管時の型崩れを予防するため、ロングタイプとショートタイプに分けるのがベストだそう。
ロングブーツ

ジェットブーツキーパー 2,160円(税込)

特に型崩れが気になるロングブーツは、シワが伸びるロングブーツ用のシューキーパーがやはりおすすめ。ジェットブーツキーパーならハンドル式で出し入れも簡単だそう。
ショートブーツ
ショートブーツも、つま先部分がつぶれてしまったり、シワが入ったりすると戻らなくなるので、つま先用のシューキーパーを使いましょう。

ベルベットシューキーパーAg+ 2,160円(税込)

ベルベットシューキーパーAg+なら、なんと除菌消臭効果がある生地を使用しているそうで、形を整えながら消臭してくれます。長期保管にはうれしい効果です。

M.モゥブレィ モールドクリーナー2,160円(税込)

長期間しまいっぱなしにするとカビが生えやすいので、箱で保管する場合は、箱に穴をあけて風通しをよくしたり、除湿剤をいれたりして保管すると湿気がたまりにくくなります。「最近では、カビ発生の予防ミストなどもあるので、ケアをした後に"M.モゥブレィ モールドクリーナー"を使用してから保管していただくと、予防効果があります」とのこと。まずは、汚れを落として、基本のケアをすることが大切ですね。
機能的なシューキーパーに驚きましたが、自宅にある人は、もちろん従来のものでOKです。来シーズンも愛用ブーツが履けるよう、しっかりお手入れしてから保管しようと思います。
[R&D,靴磨き女子部]
image via shutterstock