『嘘を愛する女』より。同棲中の恋人同士を演じる長澤まさみと高橋一生 (C) 2018「嘘を愛する女」製作委員会

写真拡大

長澤まさみが高橋一生と共演で、一流企業に勤めるキャリアウーマンでありながら、同棲5年目を迎える高橋演じる恋人に騙されていたというミステリータッチなラブストーリー『嘘を愛する女』に主演していることがわかった。

長澤まさみ「ビッチなんですかね?」

本作は、プロ・アマ問わず「映画企画」を募集し映画を創り出すクリエイターを発掘、制作からレンタル・配信までを総合的に支援するプログラム「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM」から誕生した作品。2015年に第1回が開催され、応募総数474本の中から初代グランプリを勝ち取った企画を元に映画化する。

脚本は、「夫は誰だった?」というセンセーショナルな見出しの実在する新聞記事に着想を得て書き上げられたオリジナルで、知り尽くしていたはずの愛する人の素性が全て嘘だったらという前提で、なぜ嘘をつき続けたのか? その愛は本物か? 愛とは何なのか? といったテーマが描かれていく。

脚本と監督を担当するのは、企画者でもあるCM界の若き才能・中江和仁(なかえ・かずひと)。ネクスト中島哲也(『告白』『渇き。』)と目される、次世代の映画界を担う逸材だ。

この映画で長澤が演じるのは、飲料メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマンの川原由加利役。その恋人で研修医の小出桔平役を高橋が演じ、吉田鋼太郎が由加利の協力者となる私立探偵役に扮する。

物語は、同棲5年目のある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見されたのだが、彼の所持していた運転免許証、医師免許証はすべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明するところから展開。

騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか?」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)を頼り、今も病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に迫っていく。

長澤は本作で共演する?橋について「高橋さんは『世界の中心で、愛をさけぶ』で共演した頃から尊敬する先輩なので、また共演出来てとても嬉しいです。個性の強い役やどんな役でも演じ分けてしまう吉田さんも、本当に共演出来ることが楽しみです。先輩の良いところを盗んで学び、いいコンビを築けたら良いなと思います」とコメント。

そんな長澤との共演について高橋は「舞台やCMで共演をしている長澤さんは、少女と大人両方の女性的な魅力を美しく表現されている印象。今作では、また一味違った関係性でご一緒出来ることをすごく光栄に思います」と話している。

『嘘を愛する女』は2018年に全国東宝系にて公開となる。