二代目シスターラビッツを務める平塚日菜(左)と浅野杏奈(右) /(C) 2017FUJITV KIDS

写真拡大

1973年に番組スタートし、2017年4月で45年周年を迎える子供向け人気番組「ポンキッキーズ」シリーズ。現在放送中の「beポンキッキーズ」から、番組名を「ポンキッキーズ」(毎週日曜朝8.00-8.55 BSフジ)にリニューアルして、4月2日(日)より放送がスタートする。

【写真を見る】笑顔で「一寸桃金太郎」を披露/(C) 2017FUJITV KIDS

リニューアルに伴い、安室奈美恵と鈴木蘭々が務め人気を博したユニット“シスターラビッツ”も復活。アイドルグループ「ふわふわ」で活躍中の平塚日菜と、同じくアイドルグループ「マジカル・パンチライン」の浅野杏奈が、二代目“シスターラビッツ”に抜てきされた。“シスターラビッツ”の代表曲「一寸桃金太郎」など、振り付けや曲はそのままに、懐かしい歌とダンスが届けられる。初回収録を終えた日菜と杏奈に、感想や番組への意気込みなどを聞いた。

――収録を終えた感想は?

平塚:今回の収録をずっと楽しみにしていました。普段から緊張しない性格なので、リラックスして臨めてとても楽しかったです。

浅野:アイドル活動では絶対に着ないような「金太郎」や「タヌキ」の衣装をたくさん着たり、新しい経験をさせていただきました。どうやったら見てくれる子供たちに喜んでもらえるか考えていたら、だいぶ緊張してしまいました(笑)。

――ポンキッキーズはご存知でしたか?

浅野:マジカル・パンチラインとして1回だけポンキッキーズに出演しましたし、妹や姉も見ていました。

平塚:私の親の世代でも人気だったので、家族でも見ていました。こうして出演することができて、とてもうれしいです。

――シスターラビッツといえば安室さん、蘭々さんが有名ですね。

浅野:お二人共、ダンスも上手で、シスラビ解散後も活躍されていてすごいですよね! 初代シスラビが目標です!

平塚:私も初代のお二人も目標に頑張ります。それと杏奈ちゃんと私で、かわいくて面白い今までと違う新しいシスターラビッツの道を見つけたいです!

――ダンスも独特ですね。

浅野:ダンスの展開が早くて、振りを覚えるのが思った以上に難しかったです。でも収録本番は今まで練習してきたことを発揮する場なので、とても楽しくできました。

平塚:私は元々ダンスが得意な方ではないですけど、精いっぱい頑張りました!

――普段と異なる活動ですが、気を付けていることは?

浅野:伝える相手が違うということがポイントだと思います。はっきりと分かりやすく歌ったり、大きく踊ったりと気を付けています。

平塚:浦島太郎の衣装なら男らしく“がつがつ”と、ウサギならかわいらしく、衣装に合わせて少しずつ変えています。

――ポンキッキーズでやりたいことは?

平塚:イベントで小さい子と一緒に遊びたいです! それにシスラビで何かにチャレンジとか。

浅野:歌とダンスだけじゃない、別のコーナーで違う一面も見せていきたいですね。

――番組への思いや意気込みを教えてください。

平塚:芸能界にデビューして1年しかたってないので、まだまだ未熟な部分もありますけど、それに甘えずに頑張りたいです! “一寸桃金”を口ずさんでもらって、一緒に踊ってもらえるように、何事にも一生懸命に全力で取り組んで行きます!

浅野:杏奈ちゃんと一緒にポンキッキーズを楽しく盛り上げていきたいです! 子供たちの憧れのようなウサギになりたいです!(笑)