28日、新華網は昨年末に出版された中国古典文学作品「牡丹亭」のスペイン語版翻訳者アリシア・レリンクさんへのインタビュー記事を掲載した。写真はスペインのセゴビア。

写真拡大

2017年3月28日、新華網は昨年末に出版された中国古典文学作品「牡丹亭」のスペイン語版翻訳者アリシア・レリンクさんのインタビュー記事を掲載した。

「牡丹亭」スペイン語版の出版は、中国明代の劇作家・湯顕祖の没後400年を記念したものだ。

翻訳者のアリシアさんは学生時代、新聞で見た「女」という漢字の美しさに感動したことがきっかけで、大学で中国語を習得。1980年代には北京大学に留学して中国古典文学を学んだ。90年代から「金瓶梅」などの作品の翻訳を手掛けてスペイン語圏の国に紹介しており、「中国の古典文学の世界にとどまっているのが好き」なのだという。

スペイン国内ではこれまで、テレビ番組で中国人を侮蔑したような発言や演出がたびたび放送され、その都度物議を醸してきた。アリシアさんは「中国の台頭や国際的地位の向上に伴い、多くのスペイン人が中国語を勉強し、中国文化に興味を持ち始めている。人々の中国に対する偏見がより少なくなることを信じている」と語っている。(翻訳・編集/川尻)