春の陽気漂う3月、甘粛省敦煌市にある60年前に干上がった湖・哈拉諾爾湖が復活。澄み切ったブルーの美しい水面が広がっている。

写真拡大

春の陽気漂う3月、甘粛省敦煌市にある60年前に干上がった湖・哈拉諾爾湖が復活。澄み切ったブルーの美しい水面が広がっている。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

疏勒河と党河の合流点にある哈拉諾爾湖はかつて敦煌で最大の湖だった。今回、出現した水面の広さは24平方キロ。60年ぶりに湖が復活した。

敦煌市から北西約30キロの位置にある哈拉諾爾湖は、モンゴル語で黒い湖・海を意味し、疏勒河と党河の合流点にある。かつてその水は、クムタグ砂漠東部の哈拉斉や新疆ウイグル自治区にかつて存在した塩湖・ロプノールに流れ込み、砂漠が東に広がるのを防いだり、地域の生物の多様性を守ったり、甘粛省西部の生態系を保護する重要な役割を担っていた。しかし、清の第5代皇帝・雍正帝の時代から、流れが減少し、縮小。1960〜70年代に干上がった。そして、長期間にわたり、塩分を含む広大な砂地の湖底しか見ることができなかった。

普段は砂漠のような景色しか見ることのできないこの場所に60年ぶりに一面青い水が広がるという珍しい現象を一目見ようと、多くの市民が駆け付けている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)