画像

写真拡大 (全2枚)

 ゼロスタートはノーチラス・テクノロジーズと業務提携を行い、リアル店舗を対象とした販売予測システムの提供を開始する。気象データやリアル店舗の購買データなどを分析して販売を予測し、その予測データを自動発注システムへ連携することが可能。

 ゼロスタートはノーチラス・テクノロジーズと業務提携を行い、リアル店舗を対象とした販売予測システムの提供を開始する。
サービスのイメージ

 両社の業務提携により、ゼロスタートの「ZETA DMP」による分析・予測技術と、ノーチラス・テクノロジーズの「Asakusa Framework」が持つ分散処理技術の連携が実現。気象データやリアル店舗の購買データなどを分析して販売を予測し、その予測データを自動発注システムへ連携する「販売予測システム」の提供に至った。

 リアル店舗の発注計画の策定においては、販売時期や対象商品などデータの母集団の抽出と、膨大な量のサンプルデータの分析に際して複雑な計算が必要になるが、「販売予測システム」は膨大な量のデータを活用した高速計算が可能。精度の高い販売予測データを自動発注システムへ連携させる事で、仕入品における廃棄ロスの削減を見込んでいる。

 ゼロスタートはこれまで主にECサイト・オンラインサービスを対象にソリューションを展開してきたが、「販売予測システム」でリアル店舗へ向けたマーケティングに本格的に進出することになる。

MarkeZine編集部[著]