Twitterは30日、ユーザーにリプライを送る際、@部分のユーザー名を140文字にカウントしないように仕様を変更したと発表しました。

140文字に@ユーザー名は含まれず

変更後の仕様では、リプライ相手のユーザー名ははテキスト内に含まれず、テキストの上に表示されるようになります。@ユーザー名が冒頭に表示されなくなる変更によって「皆が何を話しているのかに集中することができる」とTwitterはコメント、140文字分のスペースをリプライ内容に当てることができるようになる、と述べています。
 
twitter リプライ ユーザー 変更
 
なお、これまでにもTwitterは、画像や動画の投稿は140文字に含めないなど、仕様を段階的に変更しています。

ユーザー数が伸び悩むTwitter

Instagramが成長を遂げる一方で、Twitterはユーザー数が伸び悩んでおり、深刻な赤字に陥っていることが判明しています。昨年には、身売り相手としてGoogleやDisney、Salesforceの名が大きく報道されました。
 
そのため、ビジネスモデルの抜本的な改革やユーザーの囲い込みが叫ばれて久しく、今回の仕様変更もテコ入れの一貫だと考えられています。
 
 
Source:Twitter
(kihachi)