(写真左から)ポンこと平田明子さん、シスコーン坊や、ケロこと増田裕子さん

写真拡大

日本のコーンフレーク市場で売り上げ個数No.1を誇る「シスコーン」。そのブランドキャラクターである「シスコーン坊や」と保育界の人気2人組「ケロポンズ」が、異色ユニットを立ち上げた。

日清シスコ(東京都台東区)は2017年3月16日、シスコーンのリニューアルを記念し、シスコーン坊やとケロポンズによる新ユニット「シスコーンズ」の結成を発表した。同日、新作ダンス「毎朝サクサク体操」がインターネット上で公開されるや、「やばいツボった」「踊るしかない」と好意的な声が相次いでいる。

振りを覚えるなら特設ページをチェック

1999年結成のケロポンズは、増田裕子さん(ケロ)と平田明子さん(ポン)からなるミュージック・ユニットだ。子ども向けソングの作詞・作曲・振付を手掛け、親子コンサートや保育士・幼稚園の先生を対象にした保育セミナーなどに出演する。代表作「エビカニクス」は、保育園や幼稚園で超人気の体操曲で、YouTube動画再生回数は2000万回を超えた。

毎朝サクサク体操はケロポンズが自ら作詞作曲。一度見たら思わず真似したくなるような体操の振り付けは、日本一多忙な振付師ユニットと称される「振付稼業air:man」が手がけた。畳1枚ほどの広さがあれば踊れるダンスだが、手の動きが結構激しい。またペアで行う動作も含まれる。特設ページには踊り方のコツが載っている。練習時に参考にしよう。

動画の映像監督は、星野源さんの「恋ダンス」ミュージックビデオをはじめ、数多くの斬新なヒット映像を生み出してきた関和亮さんが務めた。

3月16日に東京都内で結成発表会が開催された。登壇したケロポンズは、食いしん坊のシスコーンの妖精「シスちゃん」(ケロ)と、朝から元気なシスコーンの妖精「コーンちゃん」(ポン)に変身。毎朝サクサク体操で日本中の子どもとその家族の朝を元気にすると意気込みを語った。その一方で「恋ダンス超えを狙う」と野心をのぞかせた。