『VIVA LA ROCK 2017』

写真拡大

 『VIVA LA ROCK 2017』が、最終出演アーティスト8組とタイムテーブル、スペシャルバンド「VIVA LA J-ROCK ANTHEMS」のバンドメンバーを発表した。

(関連:「挑戦の結果を5年以内に出したい」鹿野 淳が語る、ロックフェスの現状と未来

 今回新たに追加されたのは、5月3日にONIGAWARA 、眩暈SIREN、夜の本気ダンス、
5月4日にキュウソネコカミ、ストレイテナー、mol-74、5月5日に尾崎裕哉、FRONTIER BACKYARD。これで計78組が出演することとなった。

 メインステージであるStar Stageのトリは、1日目をKANA-BOON、2日目をUNISON SQUARE GARDEN、3日目をDragon Ashが務める。また、5月2日に行われる『VIVA LA ROCK 2017 前夜祭』のタイムテーブルも発表された。

 また、一日限りのスペシャルバンドが日本のロックアンセムをセッションする「VIVA LA J-ROCK ANTHEMS」は、ベースの亀田誠治がバンドマスター、東京スカパラダイスオーケストラの加藤隆志、赤い公園の津野米咲がギター、凛として時雨のピエール中野がドラムを担当。なお、このメンバーに加え、各曲にボーカリストが出演し会場を盛り上げると同時に、日本のロックの名曲をフェスという場で再確認するという意義が込められているという。(リアルサウンド編集部)