写真提供:マイナビニュース

写真拡大

fossBytesに3月29日(米国時間)に掲載された記事「Oracle Linux 6.9 Released With New Features|Download Here」が、Oracle Linux 6系の最新版となる「Oracle Linux 6.9」の公開を伝えた。このバージョンはRed Hat Enterprise Linux 6.9をベースとしているが、Oracle Linux 6系はこのバージョンが最後のリリースになる見通し。

「Oracle Linux 6.9」における主な注目点は次のとおり。

・Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) Release 4 x86-64版
・Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) Release 2 i386版
・Red Hat Compatible Kernel x86-64版
・Red Hat Compatible Kernel i386版
・Transport Layer Security (TLS) 1.2のサポート
・cpuidユーティリティの追加
・Active Directory向けSSSDサポートの改善
・Hyper-Vゲストサポートの向上

Red Hat Enterprise LinuxおよびOracle Linuxの6系は、バージョン6.9が最後のリリースになると見られている。サポートが提供されている間により新たなバージョンまたはほかのサポートが提供されているオペレーティングシステムへ移行することが望まれる。

(後藤大地)