「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」Webサイト
URL:http://www.inksatogaeri.jp/

家庭用プリンタの使用済みインクカートリッジの共同回収活動「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」を実施しているプリンタメーカー5社は、2017年4月1日(土)より、公益財団法人日本野鳥の会への寄付を開始することを発表した。プリンタメーカー5社に含まれているのは、ブラザー(ブラザー工業 / ブラザー販売)、キヤノン(キヤノン / キヤノンマーケティングジャパン)、デル、エプソン(セイコーエプソン / エプソン販売)、日本HP。日本野鳥の会でも、会誌などを通じて「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」の活動を紹介することなどを計画している。「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」は、使用済みのインクカートリッジの回収から再資源化までのリサイクル活動を推進するため、プリンタメーカーが共同で運営している。回収箱は全国約3600の郵便局および一部の自治体の施設などに設置。回収後はメーカーごとに仕分けを行い、各メーカーが責任を持ってリサイクルにあたる。なお、回収対象とされているのは、上記のプリンタメーカー5社の純正品だ。この「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」が、年間50万円を拠出し、日本野鳥の会への寄付を行うことが決まった。寄付を通じ、日本野鳥の会による「野鳥や自然を守る事業」や「野鳥や自然を大切に思う心を伝える事業」を支援する。さらに、「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」と日本野鳥の会は環境保全が共通の目的であることから、それぞれのネットワークを活用して互いの活動を広めていくことに賛同して協議中。ユーザーが特設Webサイトへアクセスできる仕組みなどが検討されている。インクカートリッジ里帰りプロジェクト事務局 / 公益財団法人日本野鳥の会
URL:http://www.inksatogaeri.jp/
URL:https://www.wbsj.org/
2017/03/31