ビヨンセ、ディズニー実写版『ライオン・キング』でナラの声に?

写真拡大

歌手のビヨンセが、ディズニー実写版『ライオン・キング』(公開日未定)でナラの声を担当する可能性があることが分かった。

ディズニーは実写版『ジャングル・ブック』(16)を手掛けたジョン・ファヴロー監督のもと、『ライオン・キング』の実写版の製作を進めていて、主役シンバの親友ナラの声にビヨンセが第一候補で挙がっていると芸能情報誌「Variety」は伝えた。現在双子を妊娠中のビヨンセはまだ結論を出していないそうだが、スタジオやファヴロー監督はビヨンセのスケジュールのためなら何でもするとのこと。ビヨンセは今年2月に夫でラッパーのジェイ・Zとの間に双子を妊娠したことを発表し、今年4月にパフォーマンス予定だったコーチェラ音楽祭の出演をキャンセルしていた。

今回の実写版『ライオン・キング』ではドナルド・グローヴァーが主役のシンバを、94年のアニメ版でシンバの父ムファサの声を担当していたジェームズ・アール・ジョーンズが再びムファサの声を務める予定。ジェームズは『スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーの声を担当していることで知られている。