イギリスのお風呂事情。日本と違った文化とは?イギリス産バスソルトでリフレッシュ

写真拡大

寒い日や疲れた日の最後に、ゆっくりお風呂に浸かってリラックスタイム。温泉で日頃の疲れを癒やす。それってもしかして日本だけかも?イギリスでのお風呂事情ってどんな感じなのでしょうか。そしてイギリス産のおすすめバスソルトをご紹介します。

浴槽と洗い場が別

Freestanding bath with towels in grey modern bathroom

たっぷり溜めた湯船にゆっくり浸かって温まる。
そして、洗い場で髪を洗ってカラダを洗って。
日本の日常では、普通でしょ?と感じるこの習慣。
実は、世界ではごく稀な習慣なんだとか。
ユニットバスやシャワールームなど、浴槽の中で髪やカラダを洗ったり、そもそも浴槽がなかったり。

日本の一般家庭ではあまり見ないかもしれませんが、ホテルを利用したことがある方ならわかりますよね。
こちらのほうが、世界的には一般的なんです。

ヨーロッパにも入浴施設があった

19世紀ごろまでは、古代ローマでも湯船に使って入浴していたんです。
漫画や映画「テルマエ・ロマエ」でご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そして、イギリスの西部には温泉で有名な場所があり、その土地の名前がお風呂(bath)の語源になったと言われています。
ですが、伝染病の流行やその土地の水質の問題から、湯船に浸かる文化は廃れてしまったようです。

バスソルト

Spa essentials (bath salt in a spoon and flowers of orchids)

欧米には浴槽に浸かって疲れなどを癒やす、という習慣はないということ、お分かりいただけましたでしょうか。
でも、欧米のバス用品・バスグッズの中に、バスソルトがあることを見たことありませんか?

湯船で温まらないのに、なぜバスソルト?と思いませんか?

先程、湯船に浸かる文化が廃れた理由にあった水質の問題。

欧米では、硬水の地域が多いんです。ですが、硬水でカラダを洗うことによって、肌が乾燥したり荒れてしまったりするんです。
そこで、保湿効果が期待できるバスソルトを使うんです。
浸かって温まるためではなく、半身浴にバスソルトを使い、血流促進やデトックスをするというのが、欧米でのバスソルトの使い方なんです。

イギリスのアロマテラピーブランド「MEADOWS」

イギリスのアロマテラピーブランドのメドウズにも、バスソルトがあります。

イスラエルとヨルダンの国境付近にある死海。そこで産出される塩(デッドシーソルト)を使ったバスソルトです。
死海の塩は、海水とは違うミネラル成分が含まれており、体の中の老廃物をスムーズに流れるように働きかけてくれるんです。そして、毛穴の汚れにも◎。
「デッドシーソルト」で、潤い・デトックス・肌ツルツルと様々な効果を得ることが期待できるんです。

 

半身浴ではなく、日本式に湯船に入れて使ってもOK。

お風呂でデトックス、試してみませんか?

MEADOWS デッドシーソルト

300mg 各¥1,800(税抜)

リラックス

ベルガモット・マンダリン・ラベンダー・クラリセージをブレンド

ローズ&ゼラニウム

ゼラニウム・プチグレン・ローズオットー・サンダルウッド・カモミール・パルマローザをブレンド

リフレッシュ&クレンズ

ジュニパー・パインニードル・スパイクラベンダー・ベルガモット・ゼラニウム・レモンをブレンド

HP
温泉で、ゆっくり湯船に浸かって疲れを癒やす。
日本独自とも言えるこの文化。
癒やしの時間に、バスソルトをプラスするのもいいかもしれませんね。