29日、日本新華僑報網は、日本で就職活動をする中国人留学生が、企業による内定者囲い込みに悩まされているとする文章を掲載した。写真は新橋駅前のサラリーマン。

写真拡大

2017年3月29日、華字メディア・日本新華僑報網は、日本で就職活動をする中国人留学生が、企業による内定者囲い込みに悩まされているとする記事を掲載した。

先日、卒業を間近に控えたある中国人女子留学生が、同メディアの記者に日本での就活の近況について話した。その留学生は「昨年下半期から就活を開始して、複数の企業に応募していたところ、早い段階で自分が狙っていた企業から内定をもらった」といい、大いに喜んだそうだが、「この会社は他社の面接を受けないこと、頻繁に食事会や研修に出席することを要求してきた」と語った。

思わぬ要求をされた留学生は、「この会社が早々に内定通知を出したのは、自分が優秀だからではなく“早い者勝ち”のように卒業生を確保したいからで、ほかの企業を検討する時間を与えないためなのだ」と実感。「中堅企業で評判もいいのに、どうしてこんなことをするのだろうか」と疑念を抱き始めたという。

記事は、「こうした困惑は留学生だけのものではなく、日本の学生の多くが同じように経験するものである」と説明する一方で、「このような方法は本当に有効なのか」と疑問を呈する。

そして、「2013年3月に卒業し就職した学生のうち31.9%が3年以内に最初の職場を辞めており、12.8%が1年目で退職している」との日本政府の調査データを紹介したうえで、「たとえ就職活動期に人材を囲い込んだとしても、その会社に不満があれば辞めていく。本当に会社の発展を維持するための人材が欲しいなら、3年単位で入れ替わるような『使い捨て人材』では駄目だろう。一番良いのは、就活生たちにもっと考える時間と余地を与えることなのだ」と論じた。

また、「日本人の学生にせよ、留学生にせよ、人生で初めての仕事というものは非常に重要。忙しい就職活動の中で、自分がどのような企業に就職したいのかをよく見極めなければならず、一時の衝動で企業に囲い込まれてはいけない」と注意を促している。(翻訳・編集/川尻)