写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤフーは4月1日、育児や介護中の従業員を対象に、週休3日(週4日勤務)を選択できる「えらべる勤務制度」を導入する。

この制度では、土日の休日に加え1週あたり1日の休暇を取得できる。利用対象者は、小学生以下の同居の子を養育する正社員および契約社員、家族の介護や看護をする正社員および契約社員。制度利用により取得した休暇分は無給。

制度の利用申請および変更(曜日変更、解除)は月単位で可能。例えば、小学校の夏休みにあわせて8月のみ制度を利用するなど、より従業員の事情にあった働き方が実現できるという。

現在でも、短時間勤務、時差勤務、育児・介護休業などの制度があるが、従業員の平均年齢が35.7歳(2016年12月31日)となり、介護などを理由に退職せざるを得ない従業員が少しずつでてきている状況から、「一歩踏み込んだ制度設計が必要でした」と同社。

なお時期は未定だが、今後は全従業員を対象とした制度設計も進める。単純作業をAI(人工知能)や機械学習を活用して労働生産性を高め、企業成長を続ける検証を小規模な単位で行っていくという。