Apink チョン・ウンジ、4月10日にソロカムバック確定!暖かい癒しの曲に“高まる期待”

写真拡大

Apink チョン・ウンジが4月10日のカムバックを確定し、花咲く春の音楽界をさらに彩る。

本日(31日)、複数の業界関係者によると、チョン・ウンジは最近来月10日にカムバック日を確定した。昨年4月、ソロデビューアルバム「DREAM」を発売して以来、丸1年ぶりのソロカムバックだ。特に、この日はTEENTOPとEXIDもカムバックを控えており、三つ巴の戦いが予想される。

チョン・ウンジはソロカムバックを控え、ミュージックビデオ撮影の仕上げに取り掛かっている。完成度を高めるために精魂込め、チョン・ウンジならではの感性を込めた2ndソロアルバムの完成を控えている。チョン・ウンジ流の癒しを与える暖かい感性が期待される。

チョン・ウンジはソロデビューアルバム「DREAM」で大ヒットを記録したため、2度目のソロ出撃にさらに関心が高まっている。当時、タイトル曲「空マワリ(Hopefully Sky)」は1位はもちろんチャートでロングヒットを記録し、昨年年末の音楽授賞式でベストバラード賞を受賞した。

何より「空マワリ」は、チョン・ウンジがイダンヨプチャギとコラボして制作を手掛けた曲でもある。優れた実力はもちろん、お父さんへの気持ちを込めた暖かい癒しソングで、ファンを慰めた。チョン・ウンジが、ガールズグループのメンバーの中でも有名な実力派ボーカリストとして完璧な存在感を発揮したアルバムだ。もう一度届けるチョン・ウンジの感性に、関心が高まっている理由である。

チョン・ウンジがカムバック日を確定し、4月女性ソロ歌手の対決構図が浮き彫りになる。彼女に先駆けて少女時代のテヨンとIU(アイユー) も新曲を発売するだけに、聴く音楽はさらに豊かになった。チョン・ウンジとテヨン、IUともに大衆的に愛される音楽を届けており、チャートにおける女性歌手の活躍にも関心が高まっている。

暖かい感性と優れた実力、魅力的なボーカルで愛されているチョン・ウンジが、今回はどんな感性で人々を魅了するか注目される。