写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の木村拓哉(44)、女優の杉咲花(19)が30日、京都・ロームスクエアにて行われた映画『無限の住人』(4月29日公開)のプレミアイベントに出席。撮影秘話を語った。招待された1,000人の一般客だけでなく、2人を一目見ようと隣の公園にまで人が押し寄せ、約2,000人が集まった。

京都は映画のロケ地となった場所。不老不死侍・万次(まんじ)を演じた木村は、「京都は素晴らしい場所で、作品の時代背景を考えても、この場所はもっと適した撮影場所だと思います」と振り返り、「撮影は、極寒の山の中だったので、白い息が、斜光によって横や後ろからだと写り込んでしまう。そのため、出演陣には氷が入った紙コップが配られ、口を冷やして臨みました。衣装は着流し、素足に履物のスタイルでしたが、カイロを一枚も撮らず臨みました」と過酷な現場だったことを伝える。

一方で、「やっぱり桜が良いですよね。実は暖かい京都は初めてなんです。寒くない京都は、個人的にはなんだか違和感がありますが、神社を回ってみたりしたいなと思います」「昨日、杉咲さんと収録で嵐山に行きました。早朝6時頃の嵐山しか知らないので、こんなに多くの観光客がいるんだなと思いました」と撮影時との違いに驚いている様子。杉咲が「私は、かき氷が好きで、撮影中も食べに行って、寒かったので震えながら食べていました。暖かくなったのでちょうど良いかな」とコメントすると、木村は「昨日収録で、杉咲さんが『かき氷が食べたい』と言い出したので、お店を探しに回ったのですが、当然この時期にはありませんでした(笑)。7月からだと言われてしまいました(笑)」とエピソードを披露し、笑いを誘った。

この日を皮切りに、全国10都市(大阪・福岡・広島・熊本・新潟・仙台・札幌・静岡・名古屋)を巡る人。全日程の総移動距離は約7,300キロ。木村が主演作でこれだけ大規模PRキャンペーンを行うのは初めてのことで、「直接こうやって皆さんとちゃんと向き合って作品を手渡せることっていうのは、一番うれしいことなので、すごく楽しみです。ちょっと特別な思いになってしまうかもしれないけれど、このような特別なキャンペーンを通じて再び熊本に行けるのは、すごく楽しみです」と胸を躍らせる。

本作は、木村にとって興行収入41億円を記録した『武士の一分』(06年)以来の時代劇主演で、三池崇史監督と初タッグとなる作品。「共通の言語はもちろん日本語ですが、自分の感覚としては、海外の撮影舞台に参加している印象でした」と三池組の魅力を語り、「杉咲さんはもちろん、役者の皆さん全員がワンカットを全力で臨み、今日、太秦のスタジオで当時のスタッフと再会致しました。皆さんから『おかえり』と言ってくれたので、『ただいま』って応えました。スタッフの皆さんには感謝をしています。本当に良い現場に参加できたと心強く思います」と感慨深げに思い返していた。

(C)沙村広明/講談社 (C)2017 映画「無限の住人」製作委員会