キム・カーダシアン、3人目を妊娠するために子宮の手術を決意

写真拡大

リアリティースターのキム・カーダシアンが、第3子妊娠に向けて子宮の手術を考えていることを明かした。

キムは夫でラッパーのカニエ・ウェストとの間に2013年6月に娘ノースちゃんを、2015年12月に息子セイント君を出産。キムは第1子出産の時に血圧が高くなる子癇前症(しかんぜんしょう)と出産後胎盤が子宮についたままの癒着胎盤(ゆちゃくたいばん)を経験し、第2子の時もリスクがあると伝えられていた。

そして、リアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」の次のエピソードの予告編が公開され、キムは家族で食事をしている時に「子宮を治すために(病院に)行かなくちゃいけないわ。もう1人赤ちゃんを授かることにしたの」と話し、子宮に空いた穴を治す手術を行うと説明。「それでもかなりハイリスクな妊娠なの」と明かした。

キムは医者から危険だと伝えられているが、手術は自分ができる最後のことだと話している。キムは子供たちには兄弟姉妹を作ってあげたいと望んでいて、それはキム自身がそういう環境で育ったからだろう。果たしてキムから3人目の妊娠の報告が近いうちに届くだろうか。