30日、上西小百合衆議院議員が自身のTwitter上で、同日付けの「東京スポーツ」が報じた野党議員の薬物疑惑について、イニシャルで暴露した。

この記事は、29日に「日刊ゲンダイ」が報じた自民党議員の薬物疑惑に関連しており、「日刊ゲンダイ」が報じた薬物中毒の自民党議員の他にも、「野党有力者の男性議員Yに大麻吸引疑惑が浮上している」としたもの。

すると「男性議員Y」とされているにもかかわらず、日本維新の会所属の東徹(あずまとおる)参議院議員が「大阪選出のA国会議員が薬物疑惑を報じられている」と聞いたらしく、「全く私は関係しておりませんのでこの場で申し上げておきます」と、自身のTwitterアカウント上で釈明していた。 すると、このツイートに上西議員が反応する。さらには、薬物疑惑が持たれているのは「Y議員でもA議員でもなく維新所属のI議員」だとツイートしたのだ。 また、この議員について上西議員は31日、森友学園問題にも関係していると意味深に指摘していた。 【関連記事】
上西小百合衆院議員の発言にハイヒールリンゴが怒り「訂正して!」
上西小百合衆院議員がアントニオ猪木氏を口撃「議員としては最低」
上西小百合衆院議員が給付型奨学金に大反対「中学から働いたって稼げます」