高校生・保護者が憧れる、米国の「夢の大学」トップ10

写真拡大

大学選びはいわば、さまざまな感情が入り混じる冒険だ。将来のキャリアと社会人への階段を上りながら学び遊ぶ環境を選ぶことにわくわくする一方で、入学試験や学生ローン、そして進学が本当に将来に役立つのかという不安がストレスを生む。

高校生たちが保護者と一緒にどうやって進学先を決めているのかを知るため、試験対策などの大学進学関連サービスを提供する米企業プリンストン・レビューによる調査を参照した。

同社は、2016年6月から今年1月にかけ、米国の全50州と首都ワシントン、米国以外の20か国を含む8499人の進学志願者と2020人の保護者を対象に調査を実施。結果の一つとして、高校生が「夢の大学」として挙げるトップ10校のランキングをまとめた。

トップ3校はいずれも世界に名だたる名門校で、1位から順にスタンフォード大学、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学だった。4位以降も同様に一流大学が並んでいる。

1位 スタンフォード大学
2位 ハーバード大学
3位 マサチューセッツ工科大学
4位 ニューヨーク大学
5位 カリフォルニア大学ロサンゼルス校
6位 コロンビア大学
7位 プリンストン大学
8位 カリフォルニア大学バークレー校
9位 ペンシルベニア大学
10位 エール大学

一方、子どもを入学させたい大学を保護者に聞くと、以下の結果となった。子ども側と似ているが多少の違いがある。

1位 スタンフォード大学
2位 プリンストン大学
3位 ハーバード大学
4位 マサチューセッツ工科大学
5位 デューク大学
6位 ペンシルベニア大学
7位 ミシガン大学アナーバー校
8位 ニューヨーク大学
9位 コーネル大学
10位 ノートルダム大学

いずれも素晴らしい大学だが、このどれかに進学したからといって成功した人生や輝かしいキャリアは保証されない。プリンストン・レビューのロブ・フラネク編集長は「世間の評判やブランド価値が、高校生と保護者の思考プロセスに重くのしかかっている」と語る。

他にも進学希望者に重くのしかかるものがある──学生ローンだ。フラネクによると、大学入学に際して進学希望者と保護者が抱く不安は近年増加しており、その中でも一番の懸念材料は授業料だ。「大学の費用は過去20年間、インフレ率の2〜3倍の割合で毎年上がり続けている」という。

調査では、回答者の85%が大学の費用として5万ドル(約560万円)以上を想定し、そのうち43%が10万ドル(約1100万円)以上を想定していた。現在、学生の75〜80%が何らかの経済的支援を受けている。

こうしたローンに対する不安から、進学希望者と保護者は大学側に「投資収益率」を聞くようになった。「こうした会話は、5年前ならほぼあり得なかった。私が進学先を選んでいた20年前では考えられないことだ。当時、投資がどれほど回収できるのかなど尋ねる人はいなかった」とフラネクは言う。

大学は回答として、就職支援ネットワークや、大学院進学率、就職率といったデータを提供している。とはいえ、在学中の課外活動やインターンシップなど、履歴書を魅力的に肉付けする努力は概ね学生側に任されているのが現状だ。