中国では経済モデル、製造業の転換期に入っており、昨年から「匠の精神」という言葉があらゆる場面で用いられるようになった。同時に、「匠の精神」が一体何を指し、どうすれば備わるものなのかについての議論も深まっている。近ごろでは、中国にも職人や優れた技術は存在するが、社会の受け入れ態勢ができていないという考え方が出てきた。(イメージ写真提供:123RF) 

写真拡大

 中国では経済モデル、製造業の転換期に入っており、昨年から「匠の精神」という言葉があらゆる場面で用いられるようになった。同時に、「匠の精神」が一体何を指し、どうすれば備わるものなのかについての議論も深まっている。近ごろでは、中国にも職人や優れた技術は存在するが、社会の受け入れ態勢ができていないという考え方が出てきた。

 中国メディア・界面は28日、日本の「匠」が中国の現状について「不足しているのはいい物を作る人ではなく、いい物を使う人だ」と指摘したとする記事を掲載した。

 記事は、展示会のために先日中国にやって来た輪島塗の塗師である赤木明登氏へのインタビュー内容を紹介。インタビューでは中国における「匠の精神」の状況などについても触れられており、質問を受けた赤木氏が「日本では『作家』が自己表現以前に、人に使ってもらえる物を作る。中国では物を作る人はいるが、物を使う人が育っていない。中国に不足しているのは、いい物を作る人ではなく、いい物を使う人なのだ」と語ったことを伝えた。

 また「中国は社会の変化が急速で、人びとが生活自身に注目することが少なくなっている」とするとともに、日本でも手づくりの日用品を使おうとする動きが出てきたのは約30年ほど前、1990年代のことであるとしたことを紹介している。

 さらに、「匠の精神」を得ようとする中国の若者に対するアドバイスとして、赤木氏が「コップづくりならコップづくりで5年間、脇目もふらず同じものをやり続けること。5年が経って振り返った時に初めて、真剣に1つのものに取り組むことの道理を理解することができる。始めたら焦ったり、浮ついたりしてはならない」と語ったとも伝えた。

 1つの物事に心を決めて真剣に取り組むというのは、簡単そうに見えて難しい。その道のりには「本当にこれを続けていていいのだろうか、間違っていないだろうか」という葛藤の連続が待っているのだ。どことなく浮ついたムードの中国社会において、自分を信じ、雑念を振り払って1つのことに取り組むのはかなり難易度が高そうだが、それができれば自ずと「匠の精神」が何たるかが見えてくるのではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)