【詳細】「追憶」MVはこちら

日本のトップスターとして長きに渡り活躍してきた松田聖子が、構想から6年の時を経て、3月29日に国内先行リリースしたジャズアルバム『SEIKO JAZZ』。

この作品は、日本人として初めてジャズ作品でグラミー賞を獲得した川島重行のプロデュースの元、グラミー賞や数々のプラチナディスクを獲得してきたデヴィッド・マシューズが全曲のアレンジを手がけ、そして彼のマンハッタン・ジャズ・オーケストラから精鋭メンバーがレコーディングに参加した本格的なジャズアルバムだ。

そんな『SEIKO JAZZ』を、アメリカの名門ジャズレーベル“Verve Records”(ヴァーヴ・レコーズ)のトップを務めるダニー・ベネットが絶賛したことから、5月12日に同レーベルから日本人シンガーとしては初の全米リリースが決定。

Verve Recordsは、トッププレイヤーたちの良質でオーセンティックな名作を多数リリースしており、黎明期にエラ・フィッツジェラルド、現在もダイアナ・クラールなどジャズ界を代表する女性シンガーの名作を数多くリリースしてきたことで知られる。ジャズファンの間では女性シンガーといえばVerveと言われているほど、レーベルの信用度は高い。反響が注目されるところだ。

また、本作『SEIKO JAZZ』より、「追憶 / The way we were」のミュージックビデオが公開。こちらも要チェックだ。

SEIKO MATSUDA コメント

このたび、アメリカ名門JAZZレーベル“Verve Records”から、私の初めてのジャズアルバム『SEIKO JAZZ』を全米リリースさせていただくことになりました。日本人シンガーとしては初となる今回の“Verve Records”からのリリースを、とても幸せに思うと共に、デビュー37年目にして、またあらたなスタートラインに立ち、背筋が伸びる思いです。私を、ここまで応援して支えてくださった皆様への感謝の気持を持って、これから先も、一歩一歩たくさん勉強をしながら頑張って進んでまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。





リリース情報



2017.03.29 ON SALE

SEIKO MATSUDA

ALBUM『SEIKO JAZZ』

松田聖子 OFFICIAL WEBSITE

http://www.seikomatsuda.co.jp/