CSI-RX1(スチーム吹き出しイメージ)

写真拡大

 日立コンシューマ・マーケティングは、アイロンとしても使用できる、重さ約690gの軽量・コンパクトな衣類スチーマー「CSI-RX1」を、4月上旬から順次発売する。

 広範囲に効率よくスチームをあてる「クロスラインチーム」を採用し、衣類をハンガーにかけたまま、手早くシワ取りができる。使用時に本体を傾ける必要がないため、手首への負担になりにくい。

 スイッチを入れて約30秒で準備が完了。1回の注水で可能な連続スチーム時間は約6分。付属のブラシアタッチメントを装着すれば、ホコリや糸くずなどを取り除きながらスチームをあてることが可能で、かけ面に直接あてないため、熱に弱い衣類やテカリが気になる衣類にも使える。スチームは、シワ取りだけではなく、衣類の脱臭や除菌、花粉・ダニ対策にも効果を発揮する。

 アイロンとしては、前後左右どの方向へもスムーズに動かせるよう工夫したダイヤ形状のかけ面で、衣類のがんこなシワ伸ばしや折り目つけなど、プレスができる。高・中・低の3段階の温度切替機能、約10分の「オートオフ機能」も搭載する。

 カラーは、ホワイト、ネイビーブルーの2色で、発売日はホワイトが4月下旬、ネイビーブルーが5月下旬。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万2000円前後の見込み。